阪神 芝2400m G2

第56回(2021)京都大賞典 予想【AIラップ解析】

Pocket
LINEで送る

ラップ解析ソフト Monarch によるラップ分析の公開情報です。位置取り想定、ラップ適性、ラップバランスチャート、馬場適性の各種解析項目と Monarch が下した適性総合評価を公開しています。

今週のその他のレース情報

2021.10.10(日)全てのレース(新馬・障害除く)のハイブリッド指数はコチラ

毎日王冠(2021)Monarch による解析結果はコチラ(登録段階)

サウジアラビアロイヤルカップ(2021)Monarch による解析結果はコチラ

Monarch 解析結果からの好走例はコチラ

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

      


京都大賞典(2021)各種解析結果

位置取り指数ランク

2021 京都大賞典 位置取り指数一覧
(出走各馬の位置取り指数です。文字通り当該レースにおけるそれぞれの馬の位置取り(脚質)順をソフトが想定したものです。『指数』という言葉に釣られて、一般によくあるスピード指数などのいわゆる『強さ』の指標と勘違いされる方が非常に多いですが、全く違いますので注意。)

位置取り指数・位置取りタイプの意味や一覧の見方はコチラ

見ての通り、ベレヌスが位置取り指数トップですが、
補助値は2位。

指数2位のステイフーリッシュが補助値の方ではトップとなりました。

あまり差はありませんが、
Monarch の想定Aタイプは
ベレヌスとなります。

ペース想定に関しては、
後述する通りこのコース自体は超スローが多数見受けられますが
今回はそこまでではなく
スローの示唆は出ているものの
前後半差が4秒を超える可能性は高くないと
示唆されています。
  

京都大賞典 過去ラップ一覧

簡易版

2021 京都大賞典 過去ラップ一覧 簡易版
(過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 京都大賞典 過去ラップ一覧 詳細版
(過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

神戸新聞杯 過去ラップ一覧

簡易版

2021 京都大賞典 (神戸新聞杯)過去ラップ一覧 簡易版
(過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 京都大賞典 (神戸新聞杯)過去ラップ一覧 詳細版
(過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

大阪ハンブルクカップ(阪神芝2400m時代) 過去ラップ一覧

簡易版

2021 京都大賞典 (大阪ハンブルクC)過去ラップ一覧 簡易版
(過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 京都大賞典 (大阪ハンブルクC)過去ラップ一覧 詳細版
(過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

阪神芝2400m・3勝クラス 過去ラップ一覧

簡易版

2021 京都大賞典 (3勝クラス・阪神芝2000m)過去ラップ一覧 簡易版
(過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 京都大賞典 (3勝クラス・阪神芝2000m)過去ラップ一覧 詳細版
(過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

今年の京都大賞典は変則での阪神開催。
なので、阪神大賞典と言ってしまいたいところですが
阪神大賞典は阪神芝3000mで既に存在しておりますので
非常にややこしい。

今回の変則は、最近連発していた競馬場∔距離の変更ではなく
距離据え置きの競馬場のみの変更なので
一応、例年の京都大賞典の過去ラップも掲載してあります。

他では、年齢条件が違いますが、
同時期の同コース重賞である例年の神戸新聞杯。
OPクラスの2400m施行時代の大阪ハンブルクカップ。
阪神芝2400mで施行された直近の3勝クラスレース。
を出しています。

簡易版を見ると
京都開催の当レースも含め、
基本ペースはスローと見て良さそうです。

特に阪神芝2400mのモノを見てみると
前後半差が4秒5秒を超えるような
超スローのレースが多数見受けられます。

レース上りタイムは、
超スローの時でも34秒台が多いですが、
出る時は33秒台もあり、
後半~34秒台前半が基本。
もちろん平均に近くなって来れば
35秒台になっています。

詳細版を見ると
好走位置取りタイプは、
明確に後ろ寄り。
後ろだけで決まったレースも
多数見受けられます。     


ラップ適性解析表

2021 京都大賞典 ラップ適性解析表
(出走各馬の血統、配合評価、ラップ適性総合評価、位置取り指数/タイプ、馬場適性、ラップ適性を表記しています。)

ラップ解析解析表・ラップパターン評価一覧の意味や見方はコチラ

今回は、Monarch から7パターンも提示されました。
かなり多いですが、
コレは最近よくあるヤツで
変則開催のなせる業ですね。。
致し方ありません。

発現確率は、
Aパターンが 約53%
Bパターンが 約11%
Cパターンが 約12%
Dパターンが 約10%
Eパターンが 約 7%
Fパターンが 約 3%
Gパターンが 約 4%

となっています。

今回は、
Aパターンの発現確率だけが飛び抜けているので
当然ココが最も重視されます。

ただし、今回は想定ラップパターンが多いですので
高確率パターンを優先しつつも
全体のバランスはやはり見る必要があります。

一覧を見ると、
Aパターンで最上位評価となっているのが
ステイフーリッシュ
印のバランスもまぁまぁで
次点のBパターンでも2番手評価となっています。

Aパターン2番手評価は
キセキ
比較的バランスの良い評価です。

A・Bで評価のバランスが良いのは
ディアマンミノル

ムイトオブリガード
更に全体のバランスもかなり良いようです。

他にAが高評価でバランスが良いのは
ヒートオンビート

同じく、
印の数ではやや見劣りしますが
アイアンバローズ

逆にAの評価はやや低くなりますが
バランスが良いのは
ロードマイウェイ・ダンビュライト・アリストテレス

あとは
Aに一応の印が入っているのが
ヒュミドール

A・Bは無印ですが
印の数自体はそこそこあるのが
マカヒキ

Aは無印ながら、B・Cで高評価の
オセアグレイト

残りの
ベレヌス・モズベッロは、
Aが無印で
高評価となっているのが下位パターンのみ。

となっています。


ラップバランスチャート

2021 京都大賞典 ラップバランスチャート一覧
(出走各馬のラップバランスチャートとレースのラップバランスチャートを重ねて比較したものです。)

ラップバランスチャート一覧の意味や見方はコチラ

このレースも、いつも通り適合率の高さが好走とリンクしやすくハズですが、
同条件の同レースとしての検証は、変則開催のため出来ません。
ただ、どちらにしても適合率の高い馬が集結しているので
大きくズレた馬はほぼいません

まず
適合率が抜けて高いのは、
ヒートオンビート

コレに続くのが
ムイトオブリガード・ダンビュライトです。

次いで
マカヒキ・アイアンバローズ
ディアマンミノル・キセキ

モズベッロ・アリストテレス
ステイフーリッシュ
辺りまでは
比較的適合していると言って良さそうです。

ベレヌス以降になってくると
上位と比べて
適合率の開きは大きくなります。

       


馬場適性一覧表

2021 京都大賞典 馬場適性一覧
(血統的な判断や実際の成績ではなく、あくまで数字上、計算上、『高速馬場』・『時計のかかる馬場』のいずれに向くかをソフトが示した一覧です。)

馬場適性一覧の意味や見方についてはコチラ

上位であればあるほど、高速馬場がプラスに働く可能性が高い
下位であればあるほど、馬場重化がプラスに働く可能性が高い
です。
(ダートの場合は、馬場重化 = 高速化 なので逆になりますが。)

上位の馬は高速馬場が得意
下位の馬は重馬場が得意
ではありません。

  


京都大賞典(2021)総評

ラップ適性総合評価

ラップ適性総合評価の扱い方についてはコチラ

解析結果を総合して
Monarch が最も適性を評価した馬は
ステイフーリッシュ
となりました。

次点の高評価馬は
キセキ

ディアマンミノル


以下

ムイトオブリガード

アイアンバローズ
ヒートオンビート

ダンビュライト
アリストテレス
ロードマイウェイ

オセアグレイト
ヒュミドール
マカヒキ

モズベッロ
ベレヌス

といった順になります。

  


先週の回顧や最近の調子など

さて
先週は、
シリウスステークスで完全ハイブリッド指数決着。
3・2・1位で見事なまでに綺麗に決まりました。
それはラップ適性マトリクスを見ても一目瞭然。

更にはラップ適性総合評価の1位指名馬
ウェスタールンドが高齢×重ハンデを押しのけて
見事2着!
前週に続いて、A・B両パターンで◎を獲得した馬の連対でした。
(前週は神戸新聞杯レッドジェネシス

また、生放送や 公式LINE でも語った
重ハンデ馬の好走率の高さや
勝ち馬要件データも綺麗にハマり
個人的な馬券も上手くいった上に
生放送を見て下さった方からの
的中報告も多数いただけました。

スプリンターズステークスの方は
適性的にはイマイチでしたが
ハイブリッド指数上位で決着し、
10番人気3着のシヴァージも含めて
4・1・6位で決まりましたんで
指数自体は比較的上手くハマったようです。


さて、ご愛顧いただいている 公式LINE の配信ですが、
ご存じない方に説明しておきますと
基本的なコンテンツは、
週末(主に日曜日)に1回、タイムライン上に流れてくる
穴馬データ等の情報です。
登録時の挨拶以外に
コチラからメッセージ等が発信されるコトは恐らくありません。

たまに、bot かどうかを怪しまれる方がいらっしゃいますが
自動メッセージの返答は今のところ設定されていませんので
bot ではありません。
LINEの向こうには私ヨルゲンセンがおります。
仮に bot のような形で自動返信があったとしても
それは 公式LINEの仕様と言いますが
そういう設定が可能なシステムなので
bot だから怪しいというようなコトもありません。

LINEのタイムライン上に流れてくる情報に関しましては
Monarch が通常ブログで公開している解析情報とは、
別物になります。
ブログで公開しているモノが
基本となるメインコンテンツですが
実際の Monarch の全貌を考えれば
公開情報は膨大な総量の極一部であり
内容も、ラップ解析がベースです。
(ブログで全てを公開しないのは、
 秘匿しているのではなく
 情報量が膨大過ぎて分かりにくい
 &紹介しきれないだけですw)
一方のLINE配信では、
ココには書いていないデータ分析情報などを紹介しています。
最近は特に、ラップ解析だけでは拾いにくい穴馬を
データの観点からピックアップしています。

元々は、メッセージで一斉送信を行っていたのですが、
ありがたい話で急激に登録者が爆増した関係で
登録者が一気に1000人を超え
もはや一斉送信を月に1回流すコトすら
できなくなりましたw
(公式LINEの仕様上の問題)

初めは、登録者が200人に到達した時点で、
もう新規登録は制限しようかと考えておったのですが
公式LINEには、皆さんと交流したり
ご質問やご意見、ご希望などを集める用途もありますんで
現状は新規加入には特に制限を設けず、
定期配信はタイムラインで行う形に変えて継続しております。

タイムライン上での配信になると
コレまでよりも情報が見づらくなる上に、
情報発信のタイミングも確認しづらくはなると思うのですが
なにぶん、無料で行っているモノですので
ご理解いただければ幸いです。

  友だち追加
2021.09.26 LINE配信 神戸新聞杯・モンテディオ2 - コピー
LINE配信例 9/26 神戸新聞杯
2021.09.20 LINE配信 セントライト記念・アサマノイタズラ - コピー
LINE配信例 9/20 セントライト記念

        


解析雑感

さて、京都大賞典

いつも通り、
京都改修工事の影響による変則開催は
信頼度が落ちます。
しかし、
もう何万回も言っている通り
それはあくまで額面上の話であって
実際には、ハマっているコトも多いのが
今年の実態ですw

100万馬券の
京都金杯葵ステークス然り。
神戸新聞杯 然り。
(今挙げたのは全部中京への開催変更ですがw)

本題の解析結果に関してですが

適性総合評価で最上位だったのは
ステイフーリッシュ
個人的に好きな馬ですが、
Monarch も気に入っているのか
前走でも高評価されていた馬でした。

しかし、前回は惜しくも7番人気で掲示板まで。
一瞬、イケるかと思ったんですがねぇ。。
今回は間隔がレース間隔が短いですが
その辺がどうでしょうか。
この馬の戦績については、
特に詰めた方が良いも悪いもなく
間隔を空けた方が良いとも悪いとも言えない印象。

血統を見ると…
コイツ…カウアイレーンの仔なんやな。。
っていうのは置いといて
サンデー系の中では、叩いて良化する要素はありそうな配合。

中1週がイイとも悪いとも言われていますが
個人的には、マイナスに見なくても良いのでは
と。
調教が微妙とか
良化途上だろう
みたいな話もありますが、。
私個人は馬を見るのは専門ではないので
果たして。


2番手に指名されたのが
キセキ
Monarch の伝説の幕開けとなった2017年菊花賞の勝ち馬ですが
当時はヒモだったので特に思い入れはなく。。
あまり Monarch に上位指名されるコトも多くはありません。

この馬に関しても
実力・実績と適性はある程度認知されている通りでしょうから
結局はデキの問題でしょうか。
調教なんかは可もなく不可もない印象ですが、、
まぁまぁ人気はしてそうなので
イマイチ妙味を感じない
というのが
チョット微妙なんですよねぇ。。

ディアマンミノルは特に印象の無い馬ですし
実力・実績的には1・2枚落ちるのですが
適性面で評価されている以上
この人気ならば狙う価値はありそう。

ムイトオブリガードも年齢的なモノですね。
走れんのか走れねぇのか。
結局そこの問題かと思います。
ただまぁ、
まだ見限る程の成績ではないかなぁ
というのと
基本的に私個人は
年齢的な部分で軽視したり切ったりはしない人なので
(それをすると穴馬を獲りそこなう確率が格段に上がる)
買うか買わないかで問われたら、、
まぁ間違いなく買いはするよね
っていう。

アイアンバローズは、
もしかして、結構推してる人多い?
穴人気 といったらおかしいでしょうか。
上昇度が高い上がり馬なんで
まぁ順当な評価と言うべきか。

とにかく、
Monarch は適性面を計る際に
勢いなど一切考慮しないので
評価されているというコトは
勢いとか関係なしに
Monarch 的には適性がある
と判断されたコトになります。
あまり人気が出てくると妙味は無いんですが、、
まぁ適性は良好です。

ヒートオンビート
人気なので妙味は無いですが…
まぁ適性的には良好です。
ただ、人気程かと言われたら
そこは微妙な気もして。
ただ、成績には安定感がありますし
一応額面上はGⅡで通用したという実績もありますんで
色々と納得の1頭ではあります。

ダンビュライトは、
フツーにありそうな馬ですが
この馬も、いつまで走れるのか問題が
常に付きまとってきますね。。
適性的には悪くないんですが
Aパターンの評価が低めなのだけが難点。
しかし、
人気はイマイチ上がってこないので…
このままいくならば
妙味の方が大きい印象はあります。

アリストテレス
人気だと妙味が無いですねぇ。。
菊花賞でコントレイルを追い詰めた
っちゅうコトで
一躍人気馬の仲間入り!
みたいになりましたが
どうなんですかね。
バレークイーンに
トニービン・ディープ・エピファネイア
という順で付けられて
凄い豪勢な血統ですケドね。
血統的にはGⅠ獲っても不思議無いスケールですよ。

問題は、
ココが本チャンなのか
ってトコですかねぇ。。
ココを獲りに来てるのかどうか
というより
ココがこの馬の本質なのか
という話ですね。
アッサリ勝っても不思議無いですが
特にココでこの馬にフォーカスしたいという思いは
湧いてきません。
特に狙いたいとは思わないという話ですが
それは悪いという意味ではなく
食指が伸びないという話で
何にしても
まぁ個人的な感想です。

ロードマイウェイ
gm人気なのであれば妙味アリですが
どうでしょうか。。
ムイトオブリガードの方が断然人気無い?
のならば
敢えてココにいく必要もないのですが
でもやっぱり2桁人気なのであれば
一考の価値はあるかも。

オセアグレイト
あんまり相性の良くない馬
というか
Monarch はあまりこの馬を高く評価したコトがありません。
解析的に言えば
B・Cパターンが発現すれば
この馬にとって良い流れになるのかも知れませんが。

ラップ適性マトリクスを見ると
やっぱり適性的には良くないんですが
ギリッッッッッッギリ走って来よっても
おかしくはない位置。
あまりに人気が無いなら美味しいんですが
ただ、個人的には
積極的に食指が伸びる存在ではありません。
個人的には ね。

ヒュミドール
前走の小倉記念でお世話になったお手馬。
ですが、今回はどうにも上がってきません。
思い入れはありますが
Monarch 的にはイマイチです。

マカヒキ
何故引退させてやらないのか
誰か知ってたら教えて下さいw
コレはもう
ロジユニヴァースを超える
やりすぎ君ですよ!
ロジユニヴァースよりも
繁殖的な有用性は高そうだったのに。

この馬に関しては
終った説が主流なのかも知れませんが
適性が変わった説も結構あって
全盛期(ダービー勝った頃?)は
スローの高速馬場でズバッと勝ってた印象ですが
今はむしろ時計が掛かる馬場で一発あるのでは?
というような話ですね。
今回のこの条件は
昔のマカヒキならば
比較的良好と言えそうな気はしますが、、

この馬は
普段は終ったような雰囲気を出しつつ
不意にまだやれる勢いを見せてくるから
困るんですよねぇww
まぁ、若駒の頃から
個人的な相性は良くない馬ですw

モズベッロ
フツーに走ってきてもおかしくない印象ですし
人気にもなりそうですが
解析ではあまり浮上してきませんでした。
確かに
ココが本チャン
という感じではないですかねぇ。。
獲りに来てるかどうか
ではなく
この馬の本質はココか
という話でね。

最後、ベレヌス
何とも言えぬ存在ですなぁ。。
あるならば、逃げ粘りの一発。
なんでしょうか。
しかし、特にそこに食指が伸びるでもなく。
買ってもイイんですが
どうせ買うならば
他に美味しそうな穴馬がいるんで
そっち狙いたいよね
という感じ。

    

といった感じで
アレコレと
テキトーに語りましたが
なんとなく
軸馬の選定が難しい気がするんですよねぇ~。。
コレ買っときゃおk
みたいな馬がいない印象。

人気馬でも軽く飛んで不思議無いし
実績馬でもそう。

しかしまぁ、
そうなったら
ある程度、解析準拠で考えるべきなのかなぁ
と思ったり。

今週の重賞で
最も配当妙味がありそうなのは
このレースな気はするんですがねぇ。。

しかし、そんなコトを言ってて
結局少頭数のレースが荒れる
ってのが
今一番ホットなトレンドなんでww

妙味がある
とは言い切れませんわなww

さて、どうなりますでしょうか。


京都大賞典 マトリクス

ラップ適性マトリクス

ラップ適性マトリクスの見方についてはコチラ

2021 京都大賞典 ラップ適性マトリクス2
当該レースのラップ適性マトリクス

ハイブリッド指数一覧

ハイブリッド指数のランキング表が欲しいという希望が多数ありましたので、
それを受けて一覧を公開するコトに致しました。
ハイブリッド指数の高い馬をピックアップしたり、
単純に上位馬だけでベタ買いしてみたい方は
以下の表をご参照下さい。

簡単な形で出力しただけなので、
他に表記の仕方や見やすい形の希望などがありましたら
お気軽にご意見下さい。
可能な限り対応します。

2021 京都大賞典 ハイブリッド指数一覧
ラップ適性マトリクスに表示されている各馬の、ハイブリッド指数一覧です。

          

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

2021.10.10(日)全てのレース(新馬・障害除く)のハイブリッド指数はコチラ

毎日王冠(2021)Monarch による解析結果はコチラ(登録段階)

サウジアラビアロイヤルカップ(2021)Monarch による解析結果はコチラ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。