中山 芝1200m G1

第55回(2021)スプリンターズステークス 予想【AIラップ解析】

Pocket
LINEで送る

ラップ解析ソフト Monarch によるラップ分析の公開情報です。位置取り想定、ラップ適性、ラップバランスチャート、馬場適性の各種解析項目と Monarch が下した適性総合評価を公開しています。

今週のその他のレース情報

シリウスS(2021)Monarch による解析結果はコチラ

Monarch 解析結果からの好走例はコチラ

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

      


スプリンターズS(2021)各種解析結果

位置取り指数ランク

2021 スプリンターズステークス 位置取り指数一覧
(出走各馬の位置取り指数です。文字通り当該レースにおけるそれぞれの馬の位置取り(脚質)順をソフトが想定したものです。『指数』という言葉に釣られて、一般によくあるスピード指数などのいわゆる『強さ』の指標と勘違いされる方が非常に多いですが、全く違いますので注意。)

位置取り指数・位置取りタイプの意味や一覧の見方はコチラ

見ての通り、ビアンフェが位置取り指数トップで、補助値が2位。

しかし、指数2位のモズスーパーフレアが補助値は1位となっています。

位置取り指数の数値をよく見ると、
この上位2頭の値が明らかに抜けているので、
どちらかが前に出していくのは解析上は確定的なのですが
逆に言うと、どちらが出てきてもおかしくはありません。

ただ、一応 Monarch としては
現状ではビアンフェが前に出る隊列想定をしています。

3位以下の馬に関しては、
指数と補助値の順位が
統一感なく並んでしまっていますが、
概ね同じ位置に示されている馬は
その位置を取れる確率が高いと見られています。

位置取り指数からのペース示唆は、
前後半差が-2秒より前傾となっています。
  

スプリンターズS 過去ラップ一覧

簡易版

2021 スプリンターズステークス 過去ラップ一覧 簡易版
簡易版 (過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 スプリンターズステークス 過去ラップ一覧 詳細版
詳細版 (過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

簡易版を見ると
ペースはもちろん短距離なので前傾ですが、
過去10年で半数近くが平均かややハイ程度に収まっています。

ただ、近3年はハイで
特に2020と2018は明確にハイペース。

今年の Monarch の示唆も同じで
-2秒より前傾になる予測を立てているようです。

レース上りタイムは、
33秒台後半~34秒台前半ぐらいまで
出ている年が殆ど。

前後半差が2秒以上前傾になった年は
上がりが35秒以上掛かっています。

詳細版を見ると
好走位置取りタイプはバラバラですが
中山の路盤改修以降と以前を見比べると、
後ろからでもキッチリ届いているのが
よく分かります。

更には半数で
Aタイプの逃げ粘りが決まっています。

                     


ラップ適性解析表

2021 スプリンターズステークス ラップ適性解析表
(出走各馬の血統、配合評価、ラップ適性総合評価、位置取り指数/タイプ、馬場適性、ラップ適性を表記しています。)

ラップ解析解析表・ラップパターン評価一覧の意味や見方はコチラ

今回は、Monarch から4パターン提示されました。
1200mにしては多めですが、
まぁこんなもんです。

発現確率は、
Aパターンが 約37%
Bパターンが 約23%
Cパターンが 約20%
Dパターンが 約19%

となっています。

今回は、
発現確率が割れ気味ではありますが、
一応Aパターンが頭1つ抜けているので
セオリー通りまずはココを重視したいところです。

あとは、前述の通り
発現確率が割れているので
全体のバランスも見る必要があります。

一覧を見ると、
まず誰の目にも明らかなほど良く
A・B・C・Dの全てに印が入っている
ダノンスマッシュ
コレがズバ抜けています。

他に印が多いのは、
評価自体は上位ではないですが
Aを含めると
エイティーンガール・ビアンフェ

A以外の3つで
シヴァージ

印が2つの中では
A・Cで高評価の
モズスーパーフレア・クリノガウディー

同じくA・Dで高評価の
レシステンシア

A以外で2つ重い印を獲得しているのは、
ラヴィングアンサー

Aの下位印なども含めると
ジャンダルム・ファストフォース
アウィルアウェイ・カイザーメランジェ
ロードアクア

あとは、
Aパターンのみですが上位印が入っている
ピクシーナイト

それ以外の馬は
単発でAパターン以外の所に印が入っている馬になります。


ラップバランスチャート

2021 スプリンターズステークス ラップバランスチャート一覧
(出走各馬のラップバランスチャートとレースのラップバランスチャートを重ねて比較したものです。)

ラップバランスチャート一覧の意味や見方はコチラ

このレースは、元々は適合率の高さが好走とリンクしやすくなっています。
が、近年は適合率の低い馬の方が走っています。

しかしコレは、
「ガチガチの人気馬が走っているから
 そもそも適合率や適性云々ではない」
というコトなのかも知れません。

更には、
基本的に
適合率が高い
あるいは
似たような形状の馬
が多いので
差異を見出しづらいという難点もあります。

ちなみに、近年好走しているのは
適合率が低い馬でも
上がりの数値はだけはズレが少ない馬ばかりです。

まず
適合率が抜けて高いのは、
モズスーパーフレア
まぁ実績馬ですね。

次いで
ラヴィングアンサー・カイザーメランジェ
ピクシーナイト・クリノガウディー
など

逆に適合率の低い馬としては
ジャンダルム・ミッキーブリランテ

シヴァージも適合率は低いですが
あまりこういう形状の馬は馬券にはなっていません。
ただし、2年連続で⒉着となっていた
ミスターメロディの形状には近いです。

他には
メイケイエール・レシステンシア
クリノガウディー・エイティーンガール
タイセイビジョン・ロードアクア
といった感じで続きます。

基本的に
このレースでは
チャートを参考にはしづらいのですが

一定以上の大きさで
上がりは足りている形状の
やや適合率が低い馬

というのが近年の好走馬の特徴なので
注目する価値があるかもしれません。

       


馬場適性一覧表

2021 スプリンターズステークス 馬場適性一覧
(血統的な判断や実際の成績ではなく、あくまで数字上、計算上、『高速馬場』・『時計のかかる馬場』のいずれに向くかをソフトが示した一覧です。)

馬場適性一覧の意味や見方についてはコチラ

上位であればあるほど、高速馬場がプラスに働く可能性が高い
下位であればあるほど、馬場重化がプラスに働く可能性が高い
です。
(ダートの場合は、馬場重化 = 高速化 なので逆になりますが。)

  


スプリンターズS(2021)総評

ラップ適性総合評価

ラップ適性総合評価の扱い方についてはコチラ

解析結果を総合して
Monarch が最も適性を評価した馬は
ダノンスマッシュ
となりました。

次点の高評価馬は
エイティーンガール

モズスーパーフレア


以下

クリノガウディー

ビアンフェ
レシステンシア
シヴァージ

ジャンダルム
アウィルアウェイ
ラヴィングアンサー
ファストフォース
ピクシーナイト

メイケイエール

ロードアクア
ミッキーブリランテ
タイセイビジョン

といった順になります。

  


先週の回顧や最近の調子など

さて
先週は、
セントライト記念アサマノイタズラに引き続き、
神戸新聞杯LINE配信馬モンテディオ
10頭立ての8番人気で3着。
断トツの一番人気であるシャフリヤールを抑えて好走しました。

Monarch の解析結果からは
適性総合評価1位のレッドジェネシス
5番人気で見事連対。

特にLINE配信で指名されたモンテディオは効いたようで
チョットびっくりするぐらいの数の的中報告をいただきました。
動画などでも何度か語っていますが、
思った以上に3連単での的中を手にした方が多かったコトに驚きましたね。。

3連単を当てる為には、
シャフリヤールありきの馬券の組み方ではダメですから
3連単を獲った方は、
シャフリヤールと心中する選択はしなかったワケです。
その点は、私の情報云々ではなく
獲った方がハイセンスですね。

もちろん、レッドジェネシスの指名が効いた
というお声もありましたが
中にはモンテディオを主軸にした
という方もおられたようで
何とも
皆さんのの腹の決め方と
馬券の組み方に脱帽です。


さて、ご愛顧いただいている 公式LINE の配信ですが、
ご存じない方に説明しておきますと
基本的なコンテンツは、
週末(主に日曜日)に1回、タイムライン上に流れてくる
穴馬データや人気馬データ等です。
他にウザいメッセージ等がコチラから発信されるコトは恐らくありません。

Monarch の解析情報は、
ブログで公開しているモノが基本になりますが
実際の Monarch の全貌を考えれば
公開情報は膨大な総量の極一部であり
内容も、ラップ解析がベースです。
(ブログで全てを公開しないのは、
 秘匿しているのではなく
 情報量が膨大過ぎて分かりにくい
 &紹介しきれないだけですw)

一方のLINE配信では、
ココには書いていないデータ分析情報などを紹介しています。
コレは、普段ブログで公開しているラップ解析とは別物です。
最近は特に、ラップ解析だけでは拾いにくい穴馬を
データの観点からピックアップしています。

元々は、メッセージで一斉送信を行っていたのですが、
ありがたい話で急激に登録者が爆増した関係で
登録者が一気に1000人を超え
もはや一斉送信を月に1回流すコトすら
できなくなりましたw
(公式LINEの仕様上の問題)

初めは、登録者が200人に到達した時点で、
もう新規登録は制限しようかと考えておったのですが
公式LINEには、皆さんと交流したり
ご質問やご意見、ご希望などを集める用途もありますんで
現状は新規加入には特に制限を設けず、
定期配信はタイムラインで行う形に変えて継続しております。

タイムライン上での配信になると
コレまでよりも情報が見づらくなる上に、
情報発信のタイミングも確認しづらくはなると思うのですが
なにぶん、無料で行っているモノですので
ご理解いただければ幸いです。

  友だち追加
2021.09.26 LINE配信 神戸新聞杯・モンテディオ2 - コピー
LINE配信例 9/26 神戸新聞杯
2021.09.20 LINE配信 セントライト記念・アサマノイタズラ - コピー
LINE配信例 9/20 セントライト記念

        


解析雑感

さて、スプリンターズステークス

動画などでも語りましたが
今週は、Monarch にとって
どちらかというと不得手な条件です。

ダート重賞に関しては
シリウスステークスの方で書いた通り
地方を回ってきた馬の
地方での成績を解析できないから。
(圧倒的なデータ不足のため)

スプリンターズステークスに関しては、
1200mのような短い距離では
ラップにそこまで大きな差がでにくいから
です。

たとえば、中距離であれば
レースによってコースによって
様々な展開があり得ますし
ラップ推移も多数のパターンが想定されます。

しかし、極端な話ですが
1200mのレースが
コースや出走馬によって
超ハイペースになったり、
超スローになったり
っていうコトは…
基本、無いですよねw

単純に言うと、
そういうコトです。

ラップだけで
適性がどうこう
と言いにくいのが
この1200mという条件です。
機械的に判定するのならば
猶更。

ただ、
同じ1200m重賞である キーンランドカップ
ラップ適性マトリクスの解説を見ていただいたら分かる通り
一番の好走スポットから穴馬2頭が走りましたし

今年2本目の
ベタ買い3連単100万馬券となった
葵ステークス では
適性総合評価1位~5位の馬で決着し
3連単配当は145万円となりました。

と、

やはりいつも通り
額面上の信頼度の低さとは裏腹に
出るところでは結果が出ています。

開発者としては、
理論上の信頼度の低さはやはり気になるのですが
実際の結果とは、
そこまで大きくリンクして来ません。

解析結果に関してですが

適性総合評価で最上位だったのは
ダノンスマッシュ
コレは、事前の解析結果からも明らかで
動画を見て下さった方にも
分かりやすかったと思います。

この馬に関しては
実力も、適性もあるというのが
一般的にも知られていますから
あとは年齢的なモノぐらいですかね。
春秋制覇というのも楽ではないですし
そういった逆風にドコまで対抗できるか。

エイティーンガールは、
ラップ適性で飛び抜けたモノはありませんでしたが
バランスが良かったですね。
洋芝専用機と思われている節もありそうですが
ココまで人気がないのであれば
妙味に賭ける手はあるのではないかと。

モズスーパーフレアは昨年の大敗もあってか
そこまで人気は上がってこないイメージ。
もちろん、
昨年と同じように潰れてしまう可能性もありますが
それを警戒されて人気が落ちるのならば
むしろそれは美味しいというのが
個人的な印象。
土曜の昼段階で
6番人気に位置していたので
この人気ならば断然買い
という感じでしょうか。

クリノガウディー
無念の降着・高松宮記念で
上記のモズスーパーフレアとの
15番人気-9番人気の幻の馬連を握っていた
私にとっては
伝説級のお手馬。
個人的には、もうそれだけで買いですw

ヨレるのがどうかというので
不安材料ももちろんありますが
土曜の昼段階で
オッズ的には話された15倍の5番人気。
ん~

悪くないだろう。

ビアンフェ
函館スプリントステークス
頭を獲らせてもらった
これまたお手馬。
今回は、同業他社が多いというコトで
モズスーパーフレアと同様に
軽視されている感じでしょうか。下の馬にも
メイケイエールにぶっ壊されるのではないか説も
頻繁に囁かれておりますが。

しかしまぁ、土曜昼段階で
2桁人気に甘んじておりますが
このオッズならば無論おいしいですし
適性評価と機動力の高さからすれば
まぁ粘っても不思議はないかと。


レシステンシアは、
1番人気と目されている馬?
でありますが
短距離馬ではないとか
先程述べたような
同型馬(脚質)が多い
というような点で
不安点が囁かれておりますね。

6枠が死に枠だという話もよくありますが
生放送で申し上げた通り
そのデータに関しては
オカルトです。
『嘘』というコトではありません。
データの種類としては
サイン馬券と同じ類のモノになる
という意味です。
そういうのを参考に馬券を組まれる方は
それで全く問題ないと思うのですが、
もし、理論的に馬券を組まれる場合は
6枠だから× というのは
だいぶ根拠が薄いです。
というか
理論的な根拠は皆無と言ってもイイ。

もちろん、
コレも生放送で言いましたが
ダノンスマッシュとレシステンシアで
どちらか最後まで決めきれない時に
死に枠の6枠だからレシステンシアの方を下げる
というように
根拠云々というよりは
決められない時に
決断する為の材料に使う
というのは悪くないかも知れません。
やはり理論的ではないですが
手段としては、アリかと思います。

まぁ
ココまで語ったコトは
あくまで個人的な主観の話なので
大して気にしていただく必要はないのですが。

ちなみに、
見ていただいたら分かる通り
適性的には良好です。
Aパターンであれば
ダノンスマッシュに続く2番手評価でもありますし。

あと
この馬が短距離馬かどうかについては
分かりません。
この「分からない」というのは
私には分からない
のではなく
今後永久に誰にも分かるコトはない
という意味です。
なので
あまり考える意味が無い
というのが私の感覚ですね。
厳密にいえば
恐らくこうであろう
というような予測を立てるコトは
いくらでもできるのですが
それでも、
結局のところは分からないんですよね~。
更もう少し言うならば
別に『生粋のスプリンターでなければ勝てない』
というワケでもないですからね。
そういう意味でもやはり考えるのは無駄
というのが私の思いです。
意味不明
と思われるかも知れませんが。

最後に、
この馬を軸にする手もあるとは思いますが
特に妙味は感じませんね。
ただ逆に、危ない人気馬
とかも別に思いません。
アッサリ勝っても不思議無いですし。
1つだけ言えるのは
私個人とは
あまり相性の良い馬ではない
というコトですねwww

シヴァージ
生放送でも語った通り
唯一の距離短縮馬で
馬場が雨の影響などでもしタフになるならば
その点が活きてくるかも知れません。
あとは、ラップ適性のバランスも良好です。

ジャンダルムも生放送で語った通り。
短距離で一気に頂点まで上り詰める血統スケールは持った馬ですが
その期待に賭けるには
チョット人気し過ぎ感。
圧勝しても驚けないですが
そこに期待をかけるオッズではないかなぁ。。
というのが個人的な印象です。
適性自体は悪くありません。

アウィルアウェイ
去年の好走馬なのにこの人気で
それだけでも買える馬。
土曜昼段階では
懲りずに2桁人気となっていて
妙味鹿ありません。
ちなみに
生放送でも語った通り
血統スケールで言えば
この馬もジャンダルムに劣りません。
一気に短距離の頂点獲っても
全く不思議は無い馬。

ラヴィングアンサーは、
適性総合評価ではそこまで上がって来ていませんが
各評価項目の細かい部分を見ると悪くはなく
私が個人的に期待している爆穴の1頭です。

ピクシーナイトについては
放送で語った通り
超絶強い馬
である可能性があるんですが
そこに期待を賭けるには
妙味が無さすぎる1頭。
シンザン記念では
頭で獲ったので思い入れはありますが
その後はひたすら人気するので
あまり買いたいと思ったコトはないですねぇ。。
まぁ個人的な感想です。

ファストフォース
可もなく不可もない印象。
前に行きそうな馬の中では
比較的粘りが利かないという評価を
Monarch は下しています。
人気は悪くないですが。

メイケイエールは、
勝手に暴走して勝手に潰れるんじゃないか
というような見立てが多いんでしょうか?
とにかく、コイツがレースをぶっ壊す説が
横行しているように見受けられますw
そういう意味では面白い存在かも知れません。
積極的に狙いたいとは全く思わないんですが
持っている素材が良くて
人気が上がってこないならば
ヒモの隅っこに加える手はあるかと
そんなふうには思ってますw
素質があるのならば、
ハマったら頭まで!
っていう期待をかけるのも
別に悪くはないでしょうし。
もちろん、中心視はしたくありませんが。
妙味の問題で。

ロードアクアは、
人気の通り、パッとしません。
解析的にも良い所は特になく
とはいえ、
Cパターンでは印を獲得しているので
このラップになったら走ってもおかしくない
というのが
一応 Monarch の理屈ではあります。

ミッキーブリランテ
生放送でも語った通り
元々阪神の馬だったんですが
いよいよ阪神も走らなくなって
終ったかと思わせた所で
中山にて14番人気で勝利。
そういう馬ですww
この馬とは個人的には相性が良くありません。
ただそれは、人気してる時に買いたくない馬だった
という話であって
今回のように爆穴であれば
ハイペースの急坂コースでズドン!
は一考の余地があります。
ラップバランスチャートも
好走する形状に近いと言えば近いですし。
来ても不思議はありません。
この人気ですから
ヒモの隅っこに加える手も。
まぁ、既に手を広げすぎの状態だったら
この馬までは手が回らないかも知れませんが。

最後に
タイセイビジョン
解析的には上がってきませんでしたが
これまた生放送で語った通り、
この馬には、もう一段上がある可能性はある
と思っています。
個人的には。

もちろん、
もう一段上なんて無いかも知れません。
若い頃に出し切ってしまって
もう上は望めない可能性も十分あります。
が、血統スケール的には
もう一段上があってもおかしくはないぞ
という感じに
私個人としては思っております。
そういう期待をかけられるオッズかどうかは
何とも言えませんが。
まぁ一考の価値はある と。

    

さて、シリウスステークスの方は
超絶ドはまりで
生放送やLINEで示した勝ち馬要件に合致する
サンライズホープが勝利し
適性総合評価1位のウェスタールンドが2着。

適性総合評価で言えば4位・1位。
ハイブリッド指数では3・2・1位。
ラップ適性マトリクスでも
好位置に陣取っていた馬だけで決着するという
マトリクス一般公開後で一番綺麗な決まり方だったかも知れません。

これは、
スプリンターズステークスに向けても
期待が膨らむ…
と言いたいところですが、
別に連動しているワケではありませんので
残念ながらカンケーありませんw
向こうがバッチバチにハマった場合でも
コチラが同様に決まる保証はありませんw
なので、前日のハマり方に触発されて
過信するのは禁物です。

いうふうに
開発者の私としては
思っておりますw

ただ
Monarch の情報をどう参考にしようが
どのくらい信じようが
それは皆様の自由ですからねw

結局、信頼度は低め
と宣言していたシリウスステークスも
この結果ですからwww

どこまでいっても
私個人の言葉は
所詮、一個人の主観
というコトですよwww

とにかく
皆様の検討をお祈りいたします。

さて、どうなりますでしょうか。


スプリンターズS マトリクス

ラップ適性マトリクス

ラップ適性マトリクスの見方についてはコチラ

2021 スプリンターズステークス ラップ適性マトリクス
当該レースのラップ適性マトリクス

ハイブリッド指数一覧

それを受けて一覧を公開を始めました。
ハイブリッド指数の高い馬をピックアップしたり、
単純に上位馬だけでベタ買いしてみたい方は
以下の表をご参照下さい。

簡単な形で出力しただけなので、
他に表記の仕方や見やすい形の希望などがありましたら
お気軽にご意見下さい。
可能な限り対応します。

2021 スプリンターズステークス ハイブリッド指数一覧
ラップ適性マトリクスに表示されている各馬の、ハイブリッド指数一覧です。

          

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

シリウスS(2021)Monarch による解析結果はコチラ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。