東京 ダ1600m G3

第26回(2021)ユニコーンステークス 予想【AIラップ解析】

Pocket
LINEで送る

今週のその他のレース情報

マーメイドステークス(2021)Monarch による解析結果はコチラ

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

      


ユニコーンステークス(2021)各種解析結果

位置取り指数ランク

2021 ユニコーンステークス 位置取り指数一覧
(出走各馬の位置取り指数です。文字通り当該レースにおけるそれぞれの馬の位置取り(脚質)順をソフトが想定したものです。『指数』という言葉に釣られて、一般によくあるスピード指数などのいわゆる『強さ』の指標と勘違いされる方が非常に多いですが、全く違いますので注意。)

位置取り指数・位置取りタイプの意味や一覧の見方はコチラ

ローウェルは補助値も含めて1位となっていますが、数値自体は競っています。ただ、3位以下との差は大きいので、Monarch からは、カレンロマチェンコかローウェルのいずれかが引っ張るだろうという示唆が出ています。

  

ユニコーンS 過去ラップ一覧

簡易版

2021 ユニコーンステークス 過去ラップ一覧 簡易版
簡易版 (過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 ユニコーンステークス 過去ラップ一覧 詳細版
詳細版 (過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

過去ラップを見ると、過去10年、開催時期の問題とダートは芝よりも雨による馬場状態の変化が起こりやすいというのもあってか、道悪での開催が多くなっています。

簡易版に関して
ペースを見ると、前後半差2秒以上の前掛かりの年が多く見られ、3秒を超える前傾の年もあります。

詳細版に関して
好走位置取りタイプは、パッと見で分散しているようにも思えますが、一応 Monarch の判定としては後ろ寄りです。
最速地点や急加速地点は、結構バラバラ。

           


ラップ適性解析表

2021 ユニコーンステークス ラップ適性解析表
(出走各馬の血統、配合評価、ラップ適性総合評価、位置取り指数/タイプ、馬場適性、ラップ適性を表記しています。)

ラップ解析解析表・ラップパターン評価一覧の意味や見方はコチラ

今回は、6パターン出てきました。

発現確率は、
A・B両パターンが 概ね30%程度で非常に競っていて
Cパターン以下が コレまた10%程度で順に並んでいます。

今回の印は割と分散したなという印象ですが、若駒戦なので、まぁよくあるといえばよくあります。

     


ラップバランスチャート

2021 ユニコーンステークス ラップバランスチャート一覧
(出走各馬のラップバランスチャートとレースのラップバランスチャートを重ねて比較したものです。)

ラップバランスチャート一覧の意味や見方はコチラ

このレースの場合は、チャートの適合率の高さがある程度好走とリンクする傾向がありますが、若駒戦ですし、極端な形状・特異な形状の馬も結構います。ただし、そういった馬を特に割り引く必要はありません。まぁ『割引』という考え方は、Monarch 運用のあらゆる場面で不適当ではあるんですが。

       


馬場適性一覧表

2021 ユニコーンステークス 馬場適性一覧
(血統的な判断や実際の成績ではなく、あくまで数字上、計算上、『高速馬場』・『時計のかかる馬場』のいずれに向くかをソフトが示した一覧です。)

馬場適性一覧の意味や見方についてはコチラ

上位であればあるほど、高速馬場がプラスに働く可能性が高い
下位であればあるほど、馬場重化がプラスに働く可能性が高い
です。
(ダートの場合は、馬場重化 = 高速化 なので逆になりますが。)

      


ユニコーンS(2021)総評

ラップ適性総合評価

ラップ適性総合評価の扱い方についてはコチラ

解析結果を総合すると
ソフトが最も適性を評価した馬は
プロバーティオ
となりました。

次点の高評価馬は
ラペルーズ
イグナイター

以下

ゲンパチフォルツァ

スマッシャー
ローウェル
ヴィゴーレ

サヴァ
ブラックアーメット
カレンロマチェンコ
サンライズウルス
ルーチェドーロ

クリーンスレイト
ピンクカメハメハ

ケイアイロベージ
ティアップリオン

といった順になります。

    


先週・前日回顧など

先週のエプソムカップ
Monarch の適性総合評価3位のザダルが勝利。

その一方で、
最上位評価のアトミックフォースが早め先頭でラスト200mまではトップを走るも
惜しくも5着(13番人気)。
今回はある程度 Monarch を信用して、この馬を主軸に据えていました。
なので、ココが最後競り落とされたお陰で
馬券的にはあまり伸びず。

昨年の18番人気激走をとらえた話を出していましたが
さすがに2年連続でそのような結果を期待するのは無茶でした。
(まぁそうなると踏んでいたワケではありませんが。)

       


解析雑感

さて、
ユニコーンステークス。

いつも言っている通り、若駒戦は各馬の戦績データが少ない分、信頼度は落ちます。
更に、ココはダート戦なので、地方競馬を回ってきた馬もデータ不足になります。
古馬重賞ではないので、地方や海外を回ってきた馬は多くありませんが、
それでも、例年、地方交流重賞を走ってきた馬はだいたい出走していますし
そもそも、出身自体が地方競馬という馬もいます。
近年では、アメリカの3冠挑戦ルートもありますから、
今回のピンクカメハメハのように、海外帰りの馬も出てくるコトになります。

コレも常に言っていますが
理論上、信頼度が落ちる
というのは、あくまで理論上の話で
信頼度が高かろうがハズれる時はハズれるし
その逆もまた然りです。
コレは、皆さんがフツーに予想してる時も同じで
自信がどんだけあろうが、ハズれる時はハズれます。
逆に、全く自信が無いのに爆当たりする時だってあります。
そんなもんです。
先月末に Monarch が爆当たりした葵ステークス
重賞昇格後、さほど年数が経っておらずデータ不足のレースで、
尚且つ、若駒戦という条件でしたが、
結果は100万馬券的中(私ではなくソフトが)という結果。

ドコまで行こうが
『当たるも八卦当たらぬも八卦』
の世界ですから
一応、理論上の信頼度については言及しつつも
そこに固執する必要性は皆無なのです。

さて、
いつもの長い前フリはこの辺にして、
解析結果についてですが
プロバーティオは、ラップ適性で唯一複数印が付いた馬でラップバランスチャートの適合率も良好。
想定位置取りタイプはB。

イグナイターは、チャートが特異な形状ですが、唯一ラップ適性Aパターンで印がついた馬。
金曜夜に参照した予想オッズでは最下位(16番人気)でしたが。。
まぁ、そういう馬を上位に持ってくるのは、Monarch が正常に動いている証拠ですw
想定位置取りタイプはC。

ラペルーズはBパターン最上位で、チャートの形状はやや特異ですが恐らく人気の一角?
想定位置取りタイプはE。

ゲンパチフォルツァは、青竜ステークスの勝ち馬。
ただし、Monarch が評価したのはその点ではありませんでした。
ラップバランスチャートに関しては、見ていただいたら一目瞭然ですが、適合率がトップ。
この馬は想定位置取りタイプC。

スマッシャーは、ラップ適性Dパターンで高評価。想定位置取りタイプはE。

ローウェルは同じくDパターンで評価最上位。チャートの適合率はボチボチで、想定位置取りタイプは一応A。

人気になりそうな馬の適性評価が結構低かったりしますが
いつも言っている通り、そういうのはあまり気にしなくて良いです。
常に問題にすべきは、どの穴馬が走るか
なので。

若駒戦で、尚且つダート戦ですから
他のレースでよく言っているような、いわゆる『お手馬』はいません。
最近は、重賞しか見てないので
そもそも知っている馬自体、あまりいません。
ピンクカメハメハ・ルーチェドーロぐらい?)

ある意味、思い入れ等の余計な主観無しに予想できるので
良いと言えば良いかも知れないのですが。
予備知識が少ない分、手持ちの予想材料が不足していて難しい
とも言えそうです。 

このレースは、比較的カタいイメージなので
あまり穴目に固執し過ぎると痛い目を見そうですが
昨年なんかは2桁人気が3着に走り込んできているので
多少は期待しても良いかな
といった感じですねw

さて、どうなりますでしょうか。

          

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

マーメイドステークス(2021)Monarch による解析結果はコチラ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。