阪神 芝2000m G3

第26回(2021)マーメイドステークス 予想【AIラップ解析】

Pocket
LINEで送る

今週のその他のレース情報

ユニコーンステークス(2021)Monarch による解析結果はコチラ

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

      


マーメイドステークス(2021)各種解析結果

位置取り指数ランク

2021 マーメイドステークス 位置取り指数一覧
(出走各馬の位置取り指数です。文字通り当該レースにおけるそれぞれの馬の位置取り(脚質)順をソフトが想定したものです。『指数』という言葉に釣られて、一般によくあるスピード指数などのいわゆる『強さ』の指標と勘違いされる方が非常に多いですが、全く違いますので注意。)

位置取り指数・位置取りタイプの意味や一覧の見方はコチラ

アンドラステは明確に1位ですが、補助値を参照すると位置取り指数に比べて極端に低いので
その点がどうでしょうか。

  

マーメイドS 過去ラップ一覧

簡易版

2021 マーメイドステークス 過去ラップ一覧 簡易版
簡易版 (過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 マーメイドステークス 過去ラップ一覧 詳細版
詳細版 (過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

過去ラップ簡易版に関して
ペースを見ると、遡るとスローの年が並んでいますが、近3年は平均前後で推移しています。
レース上りは概ね35秒以上。

過去ラップ詳細版に関して
好走位置取りタイプを見ると、近年は前目もチラホラおりますが、基本は後ろが優勢。
最速地点や急加速地点は、割とバラバラのようです。

           


ラップ適性解析表

2021 マーメイドステークス ラップ適性解析表
(出走各馬の血統、配合評価、ラップ適性総合評価、位置取り指数/タイプ、馬場適性、ラップ適性を表記しています。)

ラップ解析解析表・ラップパターン評価一覧の意味や見方はコチラ

今回は、6パターン出てきました。

発現確率は、
Aパターンが 35%弱
Bパターンは 20%弱
Cパターンは 15%強
Dパターンは 15%弱
Eパターンは 10%程度
Fパターンは 10%弱

となっています。

     


ラップバランスチャート

2021 マーメイドステークス ラップバランスチャート一覧
(出走各馬のラップバランスチャートとレースのラップバランスチャートを重ねて比較したものです。)

ラップバランスチャート一覧の意味や見方はコチラ

このレースの場合は、チャートの適合率の高さがある程度好走とリンクする傾向があります。
さらに、個体チャート(赤色)がレースチャート(青色)より大きくなっている馬ではなく、個体チャート(赤色)が小さくなっている方が良いという傾向もあります。(大きいから悪いというワケではないですが)

  


馬場適性一覧表

2021 マーメイドステークス 馬場適性一覧
(血統的な判断や実際の成績ではなく、あくまで数字上、計算上、『高速馬場』・『時計のかかる馬場』のいずれに向くかをソフトが示した一覧です。)

馬場適性一覧の意味や見方についてはコチラ

上位であればあるほど、高速馬場がプラスに働く可能性が高い
下位であればあるほど、馬場重化がプラスに働く可能性が高い
です。
(ダートの場合は、馬場重化 = 高速化 なので逆になりますが。)

       


マーメイドS(2021)総評

ラップ適性総合評価

ラップ適性総合評価の扱い方についてはコチラ

解析結果を総合すると
ソフトが最も適性を評価した馬は
ミスニューヨーク
となりました。

次点の高評価馬は
レッドベルディエス
シャドウディーヴァ

以下

アンドラステ

シャムロックヒル
アッシェンプッテル

イズジョーノキセキ
クラヴェル

パッシングスルー
フィリアプーラ

アブレイズ
ソフトフルート
サンクテュエール
ホウオウエミーズ

カセドラルベル
キングスタイル

といった順になります。

  


先週・前日回顧など

先週の函館スプリントステークス
Monarch の適性総合評価3位のビアンフェが勝利。
この馬は、想定位置取りタイプが特注のAで、
実際のレースでもソフトの示唆通りAタイプでした。

馬券的にはボチボチで、
チョットした頭荒れではあったものの
比較的カタめの決着だったので、
特筆すべきコトはありませんでした。

       


解析雑感

さて、
マーメイドステークス。

マーメイドステークスと言えば…
個人的には、2009年・第14回開催で
馬券購入し始めて半年だった私が本命を打った9番人気のコスモプラチナが勝利した
思い入れの強いレースですw
知らねぇよ ってねw

ソフトの解析総合評価を見ると、
程良い人気の馬達が上位に推されていて
いかにも Monarch らしいなといった印象です。

ミスニューヨークは、ラップ適性で高確率パターンに上位印が配されており
ラップバランスチャートの適合率も良好。
好走が多い、「やや個体チャートの方が小さい」というのにも該当しています。
想定位置取りタイプも後ろ寄り。

レッドベルディエスも同様で、ラップ適性の高確率パターンで高評価。
チャートの適合率も高く、想定位置取りタイプも後ろ寄りです。

お手馬シャドウディーヴァは直近で言えば東京新聞杯の時に大いに世話になりましたが、
今走もどうやら人気(金曜夜段階の予想オッズで2番手)。
ラップ適性はバランスのが良い評価で、チャートの適合率も非常に高いです。
コレまた想定位置取りタイプは後ろ寄り。

アンドラステも、ラップ適性・チャート共に良好ですが
想定位置取りタイプAというのがどうか。
まぁ上の方で書いた通り、補助値との乖離が大きいですが。

シャムロックヒルは、人気薄になりそうですが
Aパターンで上位評価なので、高確率のこのパターンが発現したら
すんなり来ても不思議ありません。

アッシェンプッテルは予想オッズが最下位(16番人気)になっていますが
どうでしょうか。。
まぁ、Monarch ですから、こういう馬が一定評価されても
なんら不思議はありません。

人気になりそうな馬の適性評価が結構低かったりしますが
いつも言っている通り、そういうのはあまり気にしなくて良いです。
常に問題にすべきは、どの穴馬が走るか
なので。

個人的には
お手馬のサンクテュエールに注目していますが
前走好走の勢いを維持できるか…
元々、評価していた馬なので、GⅠクラスまで駆け上がっていって欲しいところです。
馬券的には、比較的人気?になりそうなのでアレですが。

お手馬というコトでいうとフィリアプーラなんかもそうですが
どうでしょうかねぇ~。
まだ、データとか血統とか色々検討してないので何とも言えませんが
人気が無さそうという点だけは魅力ですねw

ちなみに、総合適性評価最上位だった
ミスニューヨークですが、この馬は
正直相性は良くないんですよねぇ。。
その辺はどう出るでしょうか。w    

このレースは、近年1番人気が飛びまくりで
基本的には軽ハンデの穴馬を狙うレース。
なので、穴を狙いという方向性は
レースのセオリー通りでしょう。

さて、どうなりますでしょうか。

          

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

ユニコーンステークス(2021)Monarch による解析結果はコチラ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。