阪神 芝2000m G3

第9回(2022)京都2歳ステークス 予想情報・結果【AIラップ解析】

Pocket
LINEで送る

解析結果まとめ

第9回 京都2歳ステークス・ワイド4-9 - コピー
第9回 京都2歳ステークス・複勝⑨ヴェルテンベルク - コピー

解析まとめ 結果

2022 京都2歳S 結果まとめ1
動画・ブログ・note・LINE 等で公開した解析結果のまとめ一覧で、普段noteで公開しているモノです。
2022 京都2歳S 結果まとめ2
2022 京都2歳S 結果まとめ3

過去解析検証データ一覧 結果

京都2歳S 検証 2022 結果
noteで公開した解析結果の検証データ一覧です。

マトリクス 結果

2022 京都2歳S マトリクス - コピー
マトリクス上の好走馬を示したモノです。(ピンクが馬券内、黄が掲示板内)

以下は予想段階の情報です。

    


  

ラップ解析ソフト Monarch によるラップ分析の公開情報です。位置取り想定、ラップ適性、ラップバランスチャート、馬場適性の各種解析項目と Monarch が下した適性総合評価を公開しています。

※現在、各種解析項目も最新のモノに更新されています。
 古い解析情報しか表示されない場合は、
 ブラウザのキャッシュをクリアする等して
 Webページに最新情報が表示されるように
 してみて下さい。

   

今週のその他のレース情報

2022.11/26(土)
京都2歳Sの過去解析検証データやラップ適性マトリクスなど
ブログ未公開情報は、コチラのnote記事で閲覧可能です。
解析まとめ、自動データ印、調教適性、ラップ適性スコアなども
データが確定でき次第公開予定となっており
その他の特別戦の各種データも
(自動データ印・HB指数やラップ適性マトリクスなど)
コチラのnote記事に掲載予定です。

    

ジャパンC(2022)Monarch による解析結果はコチラ

京阪杯(2022)Monarch による解析結果はコチラ

  

Monarch 解析結果からの好走例はコチラ

    

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

      



京都2歳S(2022)各種解析結果

位置取り指数ランク

2022 京都2歳S 位置取り指数
(出走各馬の位置取り指数です。文字通り当該レースにおけるそれぞれの馬の位置取り(脚質)順をソフトが想定したものです。『指数』という言葉に釣られて、一般によくあるスピード指数などのいわゆる『強さ』の指標と勘違いされる方が非常に多いですが、全く違いますので注意。)

位置取り指数・位置取りタイプの意味や一覧の見方はコチラ

以下は
今回と同じ変則の阪神開催だった過去レースの
データです。

2021 京都2歳S 位置取り
2020 京都2歳S 位置取り

以下は、
通常の京都開催の分や

重賞昇格前の分も含めた
過去10年の集計データです。

過去5年の好走馬
想定位置取りタイプ
A  2 /5  複勝率40%
B  1 /10  複勝率10%
C  2 /7  複勝率29%
D  3 /8  複勝率38%
E  7 /17  複勝率41%

過去10回の好走馬
想定位置取りタイプ
A  4 /10  複勝率40%
B  4 /20  複勝率20%
C  4 /16  複勝率25%
D  6 /15  複勝率40%
E  12 /35  複勝率34%

    

例年の好走馬の
年毎の想定位置取りタイプ

2021  ・ A ・ C
2020  D ・ E ・ E
2019  E ・ E ・ C
2018  ・ B ・
2017  D ・ E ・ A
2016  E ・ E ・ E
2015  A ・ B ・
2014  E ・ E ・ B
2013  ・ A ・ C
2012  ・ C ・ B

     

京都2歳S 過去ラップ一覧

簡易版

2022 京都2歳S 過去ラップ一覧 簡易版
(過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2022 京都2歳S 過去ラップ一覧 詳細版
(過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

    


ラップ適性解析表

2022 京都2歳S ラップ適性
(出走各馬の血統、配合評価、ラップ適性総合評価、位置取り指数/タイプ、馬場適性、ラップ適性を表記しています。)

ラップ適性・詳解

2022 京都2歳S ラップ適性 A・B詳解版
(ラップパターンを更に細かく展開分けしたモノです。)

ラップ解析解析表・ラップパターン評価一覧の意味や見方はコチラ

今回、Monarch から提示されたパターンは5つでした。
少し多いですが、、
中距離戦の変則開催なので
まぁこんなもんかも知れません。

詳解版については
展開分けによってややスコアが変わるA・Bの分を
出しています。

想定ラップパターンの
それぞれ発現確率は、
Aパターンが 約28%
Bパターンが 約26%
Cパターンが 約24%
Dパターンが 約11%
Eパターンが 約10%

となっています。

   

以下は、
通常開催や重賞昇格前も含めた
過去10年の好走傾向です。

ラップ適性スコア
好走馬最高値
【 2021  4 位  18.9 】 【 2020  3 位  38.4 】
【 2019  3 位    3.7 】 【 2018  2 位  16.5 】
【 2017  3 位  12.4 】 【 2016  3 位  32.0 】
【 2015  3 位  30.9 】 【 2014  1 位  39.8 】
【 2013  3 位  29.9 】 【 2012  5 位    1.4 】

    

以下は、
今回と同じ変則の阪神開催だった
昨年・一昨年の
ラップ適性スコア
レースLBチャート適合率
自己LBチャート適合率の
一覧です。

2021 京都2歳S スコア・チャート
2020 京都2歳S スコア・チャート

    


ラップバランスチャート

2022 京都2歳S チャート
(出走各馬のラップバランスチャートとレースのラップバランスチャートを重ねて比較したものです。)

ラップバランスチャート一覧の意味や見方はコチラ

  
集計データについては
通常の京都開催や
重賞昇格前のレースも
含めたモノにになります。

   

過去10年の
レースLBチャート適合率(左上の値)
好走馬最高位は以下の通り。

LBチャート適合率
好走馬最上位
【 2021  6 位  63.2 】 【 2020  3 位  78.9 】
【 2019  1 位  92.6 】 【 2018  5 位  67.7 】
【 2017  4 位  74.2 】 【 2016  1 位  97.9 】
【 2015  2 位  86.3 】 【 2014  3 位  84.2 】
【 2013  3 位  59.7 】 【 2012  2 位  95.6 】

  

————————————–

過去10年の
自己LBチャート適合率(右上の値)
好走馬最高位は以下の通り。

自己LBチャート適合率
好走馬最上位
【 2021  6 位  61.0 】 【 2020  2 位  92.6 】
【 2019  1 位  93.9 】 【 2018  4 位  71.6 】
【 2017  4 位  78.4 】 【 2016  2 位  94.2 】
【 2015  2 位  97.2 】 【 2014  1 位  99.7 】
【 2013  4 位  68.5 】 【 2012  4 位  96.9 】

  

なお、
このLBチャートについては
近年で適合率3位以内の馬が走れていませんが
人気薄で掲示板までは来ていました。

また、適合率の外に
チャートの形状にもある程度傾向があって
赤チャートの上がりの部分が
青チャートよりも外に張っている馬が
よく好走しています。

                


馬場適性一覧表

2022 京都2歳S 馬場適性指数
(血統的な判断や実際の成績ではなく、あくまで数字上、計算上の指数であり、『高速馬場』・『時計のかかる馬場』のどちらでパフォーマンスを上げる可能性が高いかをソフトが示した一覧です。)

馬場適性一覧の意味や見方についてはコチラ

上位であればあるほど、高速馬場がプラスに働く可能性が示唆されている
下位であればあるほど、馬場重化がプラスに働く可能性が示唆されている
というコトになっています。
(ダートの場合は、馬場重化 = 高速化 なので逆になりますが。)

ややこしいですが
上位の馬は高速馬場が得意
下位の馬は重馬場が得意
ではありません。

  

以下は
今回と同じ変則の阪神開催だった過去レースの
データです。

2021 京都2歳S 馬場適性
2020 京都2歳S 馬場適性

以下は、
通常の京都開催回や

重賞昇格前も含めた
過去10年のデータです。

馬場適性指数
好走馬最高値
【 2021  1 位  77.0 】 【 2020  2 位  70.0 】
【 2019  1 位  79.0 】 【 2018  1 位  70.0 】
【 2017  1 位  84.0 】 【 2016  1 位  80.7 】
【 2015  2 位  74.0 】 【 2014  1 位  77.5 】
【 2013  2 位  57.0 】 【 2012  1 位  80.0 】

   


その他・特注項目

高機動高変速値

2022 京都2歳S 機変

以下は
今回と同じ変則の阪神開催だった過去レースの
データです。

2021 京都2歳S 機変
2020 京都2歳S 機変

以下は、
通常の京都開催回や

重賞昇格前も含めた
過去10年のデータです。

高機動高変速値・近走最大
好走馬最高値
【 2021  2 位  42.2 】 【 2020  4 位  37.1 】
【 2019  3 位  42.2 】 【 2018  1 位  44.8 】
【 2017  1 位  45.9 】 【 2016  1 位  44.9 】
【 2015  1 位  55.0 】 【 2014  3 位  38.1 】
【 2013  3 位  40.2 】 【 2012  1 位  45.4 】

——————————–

高機動高変速値・近走平均
好走馬最高値
【 2021  2 位  42.2 】 【 2020  4 位  28.1 】
【 2019  1 位  40.3 】 【 2018  1 位  44.8 】
【 2017  1 位  44.4 】 【 2016  2 位  35.5 】
【 2015  1 位  55.0 】 【 2014  2 位  32.8 】
【 2013  1 位  40.2 】 【 2012  1 位  45.4 】

     

———————————–

機動力

2022 京都2歳S 機動力

今回と同じ変則の阪神開催だった過去レースの
データです。

2021 京都2歳S 機動力
2020 京都2歳S 機動力

以下は、
通常の京都開催回や

重賞昇格前も含めた
過去10年のデータです。

機動力・近走最大
好走馬最高値
【 2021  3 位  27.5 】 【 2020  5 位  23.2 】
【 2019  3 位  26.8 】 【 2018  2 位  25.8 】
【 2017  2 位  29.2 】 【 2016  6 位  15.1 】
【 2015  4 位  26.0 】 【 2014  6 位  19.1 】
【 2013  1 位  41.6 】 【 2012  1 位  27.9 】

——————————-

機動力・近走平均
好走馬最高値
【 2021  1 位  24.1 】 【 2020  6 位  13.3 】
【 2019  3 位  21.7 】 【 2018  1 位  25.8 】
【 2017  1 位  24.6 】 【 2016  4 位  15.1 】
【 2015  1 位  26.0 】 【 2014  4 位  11.8 】
【 2013  1 位  29.8 】 【 2012  1 位  27.9 】

————————–

抽出機動力
好走馬最高値
【 2021  2 位  3.1 】 【 2020  6 位  1.9 】
【 2019  3 位  3.0 】 【 2018  1 位  3.9 】
【 2017  1 位  3.5 】 【 2016  2 位  2.6 】
【 2015  1 位  3.5 】 【 2014  3 位  1.8 】
【 2013  1 位  2.8 】 【 2012  1 位  3.9 】

    

————————–

変速率 

2022 京都2歳S 変速率

回と同じ変則の阪神開催だった過去レースの
データです。

2021 京都2歳S 変速率
2020 京都2歳S 変速率

以下は、
通常の京都開催回や

重賞昇格前も含めた
過去10年のデータです。

基礎変速率
好走馬最高値
【 2021  2 位  23.6 】 【 2020  3 位  14.9 】
【 2019  1 位  25.2 】 【 2018  1 位  32.3 】
【 2017  1 位  31.6 】 【 2016  2 位  24.5 】
【 2015  2 位  31.5 】 【 2014  1 位  20.9 】
【 2013  1 位  24.3 】 【 2012  1 位  24.1 】

——————————-

変速率・近走最大
好走馬最高値
【 2021  1 位  30.5 】 【 2020  3 位  18.2 】
【 2019  1 位  31.6 】 【 2018  1 位  32.3 】
【 2017  1 位  34.8 】 【 2016  1 位  30.8 】
【 2015  2 位  31.5 】 【 2014  2 位  26.0 】
【 2013  1 位  25.9 】 【 2012  1 位  26.6 】

——————————-

変速率・近走平均
好走馬最高値
【 2021  2 位  23.6 】 【 2020  2 位  15.6 】
【 2019  1 位  25.2 】 【 2018  2 位  18.9 】
【 2017  1 位  31.6 】 【 2016  2 位  24.5 】
【 2015  2 位  31.5 】 【 2014  1 位  20.9 】
【 2013  1 位  24.3 】 【 2012  1 位  24.1 】

    


京都2歳S(2022)適性総評

ラップ適性総合評価

ラップ適性総合評価の扱い方についてはコチラ

解析結果を総合して
Monarch が最も適性を評価した馬は
シュタールヴィント
となりました。

次点の高評価馬は
グランヴィノス
ティムール


以下
セエゾダイモン

スマラグドス
ロードプレイヤー

アイルシャイン
コスモサガルマータ
ヴェルテンベルク
サイブレーカー
トップナイフ
ビキニボーイ

グリューネグリーン
ナイトキャッスル

アレクサ

といった順になります。

  


先週の回顧や最近の調子など


解析雑感や血統見解・データ等

さて、
今週は、また3重賞。

しかし、
先週もそうですが、、
年末まで用事が色々増えそうで、、
最終的には
かなり時間が押し気味に;;

というワケで、、
このレースについては
変則開催なので理論上の解析は低くなっており
ラップ解析がドコまでアテになるかは分かりません。
例年、頭数が少ないのに
今年は多くなってたりもしますしね;;
色々な面で、過去と比較しにくい要素があると言えます;;

まぁでも、、
頭数が多いというコトは、、
配当妙味が上がるかも?
というコトで
少頭数よりも穴馬台頭が期待できそうな気はするので
その点に期待したいところですw

さて、どうなりますでしょうか。

     


京都2歳S マトリクス

ラップ適性マトリクス

ラップ適性マトリクスの見方についてはコチラ

2022 京都2歳S マトリクス
当該レースのラップ適性マトリクス

ハイブリッド指数・適性指数一覧

2022 京都2歳S HB指数
ラップ適性マトリクスに表示されている、各馬のハイブリッド指数・適性指数一覧です。

ラップ適性マトリクスの
縦軸の値であるHB指数と
横軸の値である適性指数の
ランキング表です。
細かい数値がご覧になりたい方は
ご参照下さい。

    

適性指数と適性総合評価の違いについては
ラップ適性マトリクスの概要の方で
簡単に書いてありますので
そちらをご覧下さい。

簡単に言えば
マトリクスの適性指数の方が、
機械的で融通が利かない面があると思われ、
適性の本質を突き損ねている可能性がある
といった感じでしょうか。
なので、
適性指数の並びと
適性総合評価の並びが
一致していないコトが多々あります。

まぁ、競馬なので…
適性指数の方がハマるコトもあれば
適性総合評価の並びの方が
それらしいコトもあるとは思いますが。

          

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

  

今週のその他のレース情報

2022.11/26(土)
京都2歳Sの過去解析検証データやラップ適性マトリクスなど
ブログ未公開情報は、コチラのnote記事で閲覧可能です。
解析まとめ、自動データ印、調教適性、ラップ適性スコアなども
データが確定でき次第公開予定となっており
その他の特別戦の各種データも
(自動データ印・HB指数やラップ適性マトリクスなど)
コチラのnote記事に掲載予定です。

    

ジャパンC(2022)Monarch による解析結果はコチラ

京阪杯(2022)Monarch による解析結果はコチラ

  

Monarch 解析結果からの好走例はコチラ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です