東京 芝1800m G2

第69回(2021)府中牝馬ステークス 予想【AIラップ解析】

Pocket
LINEで送る

ラップ解析ソフト Monarch によるラップ分析の公開情報です。位置取り想定、ラップ適性、ラップバランスチャート、馬場適性の各種解析項目と Monarch が下した適性総合評価を公開しています。

今週のその他のレース情報

2021.10.16(土)全てのレース(新馬・障害除く)のハイブリッド指数と予想印・一部ラップ解析情報はコチラ

秋華賞(2021)Monarch による解析結果はコチラ

Monarch 解析結果からの好走例はコチラ

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

      


府中牝馬S(2021)各種解析結果

位置取り指数ランク

2021 府中牝馬ステークス 位置取り指数ランク
(出走各馬の位置取り指数です。文字通り当該レースにおけるそれぞれの馬の位置取り(脚質)順をソフトが想定したものです。『指数』という言葉に釣られて、一般によくあるスピード指数などのいわゆる『強さ』の指標と勘違いされる方が非常に多いですが、全く違いますので注意。)

位置取り指数・位置取りタイプの意味や一覧の見方はコチラ

見ての通り、ローザノワールが位置取り指数トップで、補助値もトップ。
更には、どちらの値も頭1つ2つ抜けています。

なので、今回は比較的安定した想定Aタイプと言えそうです。

指数2~4位である
サトノダムゼル・セラピア・スマートリアンも含めて
指数や並びが安定しているので、
今回は比較的見やすい想定となっています。

ペース想定に関しまして、
後述する通り、このレース自体は
結構バラバラで色々なパターンがあるのですが
位置取り指数からは
平均程度かそれ以上に流れる可能性があると
示唆されています。
  

府中牝馬S 過去ラップ一覧

簡易版

2021 府中牝馬ステークス 過去ラップ一覧 簡易版
(過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 府中牝馬ステークス 過去ラップ一覧 詳細版
(過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

簡易版を見ると
ペースは色々あってかなりバラバラです。
昨年の重馬場での前傾を特殊として省いたとしても
前後半が+6秒にもなる超スローから
前後半フラットまであるので
到底、一定とは言えません。

まぁ、前述の通り、
今回の Monarch の予測は、
流れる方なので
参考にするならば、平均に近いモノが良いかも知れませんが
レース傾向としては
色々ある
というのがまず前提にあります。

レース上りタイムに関しては、
超スローだと、さすがに33秒台。
32秒もでていますが、
概ね34秒台が大勢を占めています。
馬場が渋った場合はおいておいて
ペースが多少流れても
34秒台~35秒台にのるかどうか
辺りのようです。

詳細版を見ると
近3年はほぼ後ろだけでの決着。
ただし、明確にスローの時は
明らかに前が優勢で、
このレースに関しては
好走位置取りタイプとペースが
かなり連動しているように見えます。

ペースが流れた時は
Bより前はほぼ全滅といっても良い状況。
かなり極端というか
分かりやすい傾向が出ているようです。

     


ラップ適性解析表

2021 府中牝馬ステークス ラップ適性解析表
(出走各馬の血統、配合評価、ラップ適性総合評価、位置取り指数/タイプ、馬場適性、ラップ適性を表記しています。)

ラップ解析解析表・ラップパターン評価一覧の意味や見方はコチラ

今回、Monarch から提示された予測ラップは2パターンのみでした。
かなり少なくて分かりやすいですね。

発現確率は、
Aパターンが 約49%
Bパターンが 約48%

となっています。

かなり割れていますね。。
こういう場合はAが60%か70%
あるいは80%を超えてくるコトも結構あって
とにかくAを重視すればよい
というコトが多いのですが
今回は、綺麗に発現確率が割れています。
実は結構珍しいパターンです。

なので今回は、
A・Bはほぼ等しく扱い、
なおかつ、
両方に印が入っている馬に注目
というのが基本になりそうです。

まぁ、
発現確率に関わらず
普段の傾向として
Aパターンが発現するコト自体は
実感としてかなり多いんですケドね。

ただ、
位置取り指数の所で書いた通りの
ペースが流れる想定でいくならば
Bの方が発現する可能性が高そうには思います。
まぁ、
『スローならA』
『平均ならB』
といった
単純な分け方をしているワケではないので
平均なら必ずBパターン
とはならないんですがね。

敢えて
この2つに差をつけて見たいなら
Bを重めに見積もる手もあるよ
っていうコトですね。
見方の1つとして
そういう視点もある
というだけの話です。

ってなワケで
一覧を見ますと、
A・Bの2パターンで高評価となっているのが、
レッドベルディエス・デゼル
この2頭は、A・Bの評価を丁度入れ替えたような形になっています。

他にA・Bの両方に印がある中で
Aの評価が高いのは
リアアメリア

逆にA・B両方に印がある中で
Bの方が優勢なのが
マジックキャッスル・スマートリアン
サトノダムゼル・ドナアトラエンテ

あとは単発の印のみですね。

Aで高評価なのが
アンドラステ
シゲルピンクダイヤ
サンクテュエール
Aに下位印のみの馬はいません。

逆にBには上位印のみの馬はおらず
アカイイト
マルターズディオサ
シャドウディーヴァ
低評価の印が単発ついています。

あとは完全無印の馬

となっています。


ラップバランスチャート

2021 府中牝馬ステークス ラップバランスチャート一覧
(出走各馬のラップバランスチャートとレースのラップバランスチャートを重ねて比較したものです。)

ラップバランスチャート一覧の意味や見方はコチラ

このレースは、いつも通り適合率の高さが好走とリンクしやすくなっています。
ただし、これまた見ての通り
適合率の高い馬が集結しやすい傾向もあり、あまり明確な差は出ません

一応適合率の高い順に挙げていきますと、
まずは、
レッドベルディエス

次いで
デゼル

コレに続くのが
リアアメリア

なので、
ラップ適性と評価が連動していますね。

その次点となる
サンクテュエールまでは
かなり高適合と言えます。

以下、
シゲルピンクダイヤ・マルターズディオサ
サトノダムゼル・スマートリアン
セラピア・フィリアプーラ
辺りまで
いずれも悪くありません。

アカイイト以下
シャドウディーヴァ・アンドラステ
問題ない程度のズレですが
適合率順に並べると
どうしても下位になってしまいます。

       


馬場適性一覧表

2021 府中牝馬ステークス 馬場適性一覧
(血統的な判断や実際の成績ではなく、あくまで数字上、計算上の指数であり、『高速馬場』・『時計のかかる馬場』のどちらでパフォーマンスを上げる可能性が高いかをソフトが示した一覧です。)

馬場適性一覧の意味や見方についてはコチラ

上位であればあるほど、高速馬場がプラスに働く可能性が高い
下位であればあるほど、馬場重化がプラスに働く可能性が高い
です。
(ダートの場合は、馬場重化 = 高速化 なので逆になりますが。)

上位の馬は高速馬場が得意
下位の馬は重馬場が得意
ではありません。

  


府中牝馬S(2021)総評

ラップ適性総合評価

ラップ適性総合評価の扱い方についてはコチラ

解析結果を総合して
Monarch が最も適性を評価した馬は
レッドベルディエス
となりました。

次点の高評価馬は
デゼル

スマートリアン


以下

サトノダムゼル

マジックキャッスル
リアアメリア

ドナアトラエンテ
マルターズディオサ
サンクテュエール
シゲルピンクダイヤ
アカイイト
シャドウディーヴァ
アンドラステ

フィリアプーラ
セラピア
ミスニューヨーク
アブレイズ

ローザノワール

といった順になります。

  


先週の回顧や最近の調子など

さて
先週は、
サウジアラビアロイヤルカップがガチガチ。
毎日王冠もガチガチ。

いずれも解析結果自体は悪くなかったですが
たとえハマったとしても
ガチガチでは穴馬を導き出す趣旨のソフトとしては
本懐は遂げられないコトになりますし
狙った穴馬でも4着では
何ともなりません。

もちろん、
人気薄で掲示板まで来たならば
Monarch の見立ては間違っていなかった
というコトにもなりますし
開発者としては嬉しい部分もありますが
やはり馬券になってもらわないと
実質的な部分が伴ってきませんのでね。。;;


さて、ご愛顧いただいている 公式LINE の配信ですが、
ご存じない方に説明しておきますと
基本的なコンテンツは、
週末(主に日曜日)に1回、タイムライン上に流れてくる
穴馬データ等の情報です。
登録時の挨拶以外に
コチラからメッセージ等が発信されるコトは恐らくありません。

たまに、bot かどうかを怪しまれる方がいらっしゃいますが
自動メッセージの返答は今のところ設定されていませんので
bot ではありません。
LINEの向こうには私ヨルゲンセンがおります。
仮に bot のような形で自動返信があったとしても
それは 公式LINEの仕様と言いますが
そういう設定が可能なシステムなので
bot だから怪しいというようなコトもありません。

LINEのタイムライン上に流れてくる情報に関しましては
Monarch が通常ブログで公開している解析情報とは、
別物になります。
ブログで公開しているモノが
基本となるメインコンテンツですが
実際の Monarch の全貌を考えれば
公開情報は膨大な総量の極一部であり
内容も、ラップ解析がベースです。
(ブログで全てを公開しないのは、
 秘匿しているのではなく
 情報量が膨大過ぎて分かりにくい
 &紹介しきれないだけですw)
一方のLINE配信では、
ココには書いていないデータ分析情報などを紹介しています。
最近は特に、ラップ解析だけでは拾いにくい穴馬を
データの観点からピックアップしています。

元々は、メッセージで一斉送信を行っていたのですが、
ありがたい話で急激に登録者が爆増した関係で
登録者が一気に1000人を超え
もはや一斉送信を月に1回流すコトすら
できなくなりましたw
(公式LINEの仕様上の問題)

初めは、登録者が200人に到達した時点で、
もう新規登録は制限しようかと考えておったのですが
公式LINEには、皆さんと交流したり
ご質問やご意見、ご希望などを集める用途もありますんで
現状は新規加入には特に制限を設けず、
定期配信はタイムラインで行う形に変えて継続しております。

タイムライン上での配信になると
コレまでよりも情報が見づらくなる上に、
情報発信のタイミングも確認しづらくはなると思うのですが
なにぶん、無料で行っているモノですので
ご理解いただければ幸いです。

  友だち追加
2021.09.26 LINE配信 神戸新聞杯・モンテディオ2 - コピー
LINE配信例 9/26 神戸新聞杯
2021.09.20 LINE配信 セントライト記念・アサマノイタズラ - コピー
LINE配信例 9/20 セントライト記念

        


解析雑感

さて、府中牝馬ステークス

動画等でも語った通り、
このレースに関しては
解析の信頼度は高いです。
あくまで、
理論上、額面上の話なので
実際問題として
Monarch の示唆通りに決まるかどうかは
また別の話ですが。

個人的に相性が良いというか
好きなレースでもあります。

秋華賞よりも
狙いは立てやすい気もしています。

本題の解析結果に関してですが

適性総合評価で最上位だったのは
レッドベルディエス
この馬の評価の高さは、
動画や事前の解析結果からも
明かでしたね。
ただし、コレも事前に語っていた通り
発現ラップがBパターンになるのであれば
この馬が飛び抜けているコトにはなりません。

ただ、極端に人気が無い可能性もありそうですんで
それならば狙う価値は十分にあるでしょう。

といった感じ。

お次はデゼル
あまり好きではないし
あまり相性の良くない馬ではありますが…
それはまぁ、
とにかく、基本…人気する馬だから
というのもあります。

適性は見ての通りです。
かなり良好。
なんか、この馬だけ斤量が重いらしいんですが。
その辺がどうですかね。。
馬格は大きくもなく小さくもなく
といった印象ですが
まぁ、
『斤量泣き』みたいな観点で語るような
重さを背負うワケではないですからね。
ただ、
何か少しの差で
ガラッと結果が変わってしまうのが競馬ですから
この1kgの差が勝敗を分けても
不思議ではありません。

人気馬で言えば
もう1頭マジックキャッスルがいますが
正直、この馬も殆ど差はありません。
それは、ラップ適性マトリクスを見ていただいても
分かり通りです。
適性総合評価では、やや見劣りしましたが
それでもまぁ上位。
ハイブリッド指数も当然上位です。

デゼル同様に、安定感も売りですし
デゼルより1kg軽いという
アドバンテージもあります。

こうなると、
予想としては
コチラを上に見立てるコトも十分可能ですし
両方揃って好走する
という形も
十分考えられそうです。
まいりましたねww

マジックキャッスルまで
大して差が無い
というコトは、
その間に位置している
スマートリアン・サトノダムゼルにも
大きな差は無いというコトです。
この2頭は
敢えて言うならば
想定位置取りタイプが
やや怪しいですが
いずれも人気薄にはなりそうで
それならば妙味は十分です。

リアアメリアは、
またまた中途半端な印象で
適性的にはイイんだケド
それなりに人気しよるし
妙味という観点では
イマイチ何も感じない馬。

この馬は、若駒の頃から
固定ファンがいるんでしょうね。
「本当は強いんだ」
「実力自体はあるんだ」
みたいなね。

まぁ、
それは間違ってないと思うんですが
人気が常に一定以上には落ちないようになってるんで
毎度毎度、積極的に狙いたい存在にはならないんですよね。。

人気との兼ね合いも考えると
何とも難しい馬です。

ドナアトラエンテ
出走馬が確定した段階で
相対評価がやや上がって
少し目立つようになった馬。
でも人気しそう?
なら別に妙味はないか。。

マルターズディオサは、
言わずと知れたお手馬です。
この馬は、人気薄でこそ!!
なので、
人気が上がってこないならば
注目する価値はあるかも知れません。
血統的にもアリです。
先に述べた通り
お手馬ですから
個人的な趣味で
応援はしています。

サンクテュエール
この馬が出る度に毎回言っていますが
2歳から3歳になった明けの段階で
桜花賞馬になると見立てていた馬。

まぁ、結果的にはそうはならず
その後、停滞するのですが
前々走で久々の重賞好走を果たしました。

まぁ、
コレもまた
お手馬ですから
個人的には応援してますし
人気薄ならば
尚のコト良いですね!!

シゲルピンクダイヤ
どっかで浮上してくるだろうとは思うんですが、、
やっぱりどうしても、ある程度人気しますねぇ。
その浮上してくる場所がココでもおかしくはないんですが
妙味を考えると
別に積極的にいきたい存在ではありません。

アカイイト
思ったよりも人気しそうな印象があります。
解析的には悪くないですが
Monarch の評価と人気を合わせて考えた上で
特に食指が伸びる存在ではないですかねぇ。

シャドウディーヴァは、
これまた言わずと知れたお手馬ですよ。
なので、狙いたい思いもあるんですが
フツーに人気ですし
解析結果準拠で
マジックキャッスル・デゼル
素直に評価する場合
この馬も重視してしまったら
1・2・3番人気を積極的に狙うコトになりますから
もう、馬券的には全く身動きが取れなくなりますw

無論、そういう結果も
十分あり得るだろうなぁ
とは思いますが
私は
そこに決め打ちするようなタチではありませんw
ですから
穴党としては
どうしても、この馬の狙いを下げざるを得ませんよね。。
まぁ、あくまで解析準拠の話で
コレを書いているのも
金曜の夕方段階なので
実際の馬券がどうなるかは
まだ全然分からないのですがw

アンドラステ
Aパターンの評価は高いですから
こちらのラップに決め打ちするならば
十分アリでしょう。
人気も上がってこないならば
美味しいですね。
この馬もお手馬なのですが
基本、人気するコトが多かったので
積極的に買いたいコトは
あまり無かったです。
予想オッズでは、二桁人気ですが…
ホンマか?コレww
それやったら買うケドなwwwww

フィリアプーラもお手馬です。
事前解析の段階では
除外対象だったのでこの馬は省いていました。
結果、
解析的にはイマイチ見るべきところがありませんが
あまりに人気薄なら
面白いですね。
応援はしてます。

セラピア・アブレイズ・ローザノワール

解析的には、どうしても上がっては来ません。
ラップ適性マトリクスでは
アブレイズがハイブリッド指数にやや見どころアリで
セラピアは適性指数にやや見どころアリ
といった感じでしょうか。

ミスニューヨーク
中京記念のデータ穴で4着。。
Monarch がたまに上位に指名したりする馬でもあるんですが
今回は上がってきませんでしたね。。

まぁ、何にしても
人気されると、なかなかしんどいです。
残念ながら、食指が伸びる感じではないです。

       

といった感じで
冒頭に語った通り
好きなレースですし
好きな馬(あるいはお手馬)も多いです。

そういう意味では
どうとでも買えてしまうんですが、、
頭数が多いのにガチガチ決着の恐れもあって
…嫌ですねぇ。。
穴党としては、
根性は見せたいトコですが。

まぁ
荒れる下地はあるレースなんで
当然穴馬は狙いますよ。

金曜夜段階では
レッドベルディエス
スマートリアン
サトノダムゼル

解析準拠で
まずはこの辺ですねぇ。。

あとはデータで浮上してくる馬も見ながら
デゼル・マジックキャッスル
それぞれどのぐらい信用するか…。

さて、どうなりますでしょうか。


府中牝馬S マトリクス

ラップ適性マトリクス

ラップ適性マトリクスの見方についてはコチラ

2021 府中牝馬ステークス ラップ適性マトリクス
当該レースのラップ適性マトリクス

ハイブリッド指数一覧

ハイブリッド指数のランキング表が欲しいという希望が多数ありましたので、
それを受けて一覧を公開するコトに致しました。
ハイブリッド指数の高い馬をピックアップしたり、
単純に上位馬だけでベタ買いしてみたい方は
以下の表をご参照下さい。

簡単な形で出力しただけなので、
他に表記の仕方や見やすい形の希望などがありましたら
お気軽にご意見下さい。
可能な限り対応します。

2021 府中牝馬ステークス ハイブリッド指数一覧
ラップ適性マトリクスに表示されている各馬の、ハイブリッド指数一覧です。

適性指数一覧

ハイブリッド指数のランキング表に加え、
適性指数も見たいという希望が複数ありましたので、
それを受けて一覧を公開するコトに致しました。

コレは、一見すると
『適性総合評価』との違いが非常に分かりにくく
公開するコトで、混乱を来す可能性が高くなるので
今まで出し渋っていましたが、
ラップ適性マトリクスをベースに予想したい方にとっては
この適性指数の並びも気になるというコトだったので
私個人としては気が進まないのですが
動画やブログの視聴者の希望を重視して
公開に踏み切りました。

適性指数と適性総合評価の違いについては
ラップ適性マトリクスの概要の方で
簡単に書いてありますので
そちらをご覧下さい。

要するに適性指数の方が、
機械的で万能さに欠け、
適性の本質を突き損ねている可能性がある
といった感じですね。
なので、
適性指数の並びと
適性総合評価の並びが
一致していないコトが多々あります。

ちなみに
数値が飛び抜けているから どう とか
差が大きいから どう というようなコトは
あまり無いのではないかと思っております。

あとは、
もちろん競馬ですから
適性総合評価の方がハマるコトもあれば
適性指数の方が
実際の結果と連動しているように見えるコトもあるでしょう。

しかし、
一応、開発者としては
純粋に適性が見たいならば
適性総合評価をご覧いただくか
想定ラップパターン毎に各馬を評価している
ラップ適性解析表をご覧いただいた方が良い
と考えています。

ただ、明確な理由
(『マトリクス中心で予想を組みたい』等)がおありでしたら
コチラの適性指数を使っていただいたら良いかと思います。

と言うか、
ココの情報は
皆さんの使い方次第ですので、
どんな意図があろうが
どういう形でこの情報を予想に組み込もうが
各自の自由なんですケドねw

色々な予想法を考案していただければ
私としても嬉しい限りです。

とにかく、
先程述べた注意点だけ
頭の隅に置いておいていただければと思います。

2021 府中牝馬ステークス 適性指数一覧
ラップ適性マトリクスに表示されている各馬の 適性指数一覧です。

          

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

2021.10.16(土)全てのレース(新馬・障害除く)のハイブリッド指数と予想印・一部ラップ解析情報はコチラ

秋華賞(2021)Monarch による解析結果はコチラ

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。