第26回(2021)プロキオンステークス 予想【AIラップ解析】

Pocket
LINEで送る

今週のその他のレース情報

七夕賞(2021)Monarch による解析結果はコチラ

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

      


プロキオンステークス(2021)各種解析結果

位置取り指数ランク

2021 プロキオンステークス 位置取り指数一覧
(出走各馬の位置取り指数です。文字通り当該レースにおけるそれぞれの馬の位置取り(脚質)順をソフトが想定したものです。『指数』という言葉に釣られて、一般によくあるスピード指数などのいわゆる『強さ』の指標と勘違いされる方が非常に多いですが、全く違いますので注意。)

位置取り指数・位置取りタイプの意味や一覧の見方はコチラ

メイショウウズマサが位置取り指数も補助値も抜けてトップとなっているので、この馬が Monarch が示唆する隊列想定のAタイプとなります

  

阿蘇ステークス(小倉ダート1700m/OP) 過去ラップ一覧

簡易版

2021 プロキオンステークス(小倉ダ1700m/阿蘇S) 過去ラップ一覧 簡易版
簡易版 (過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 プロキオンステークス(小倉ダ1700m/阿蘇S) 過去ラップ一覧 詳細版
詳細版 (過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

プロキオンステークスは、本来中京ダート1400mの重賞ですが、去年は阪神開催。今年に至っては小倉開催に編国された上に距離まで大きく変わっています。
なので、過去ラップは同条件のオープンレースである阿蘇ステークスを出してみています。
恐らくですが、この条件のOPクラスのレースはコレだけ?になります。
まぁ、今年に関しては、変則開催で1月に同条件のレースがあったみたいですが。

過去ラップの簡易版を見ると
ペースには結構幅があって、様々なパターンが見られます。

詳細版を見ると
好走位置取りタイプ全体としてはバラけ気味ではありますが、気持ち後ろ優勢。
あとはAタイプの逃げ粘りも散見されます。

                     


ラップ適性解析表

2021 プロキオンステークス ラップ適性解析表
(出走各馬の血統、配合評価、ラップ適性総合評価、位置取り指数/タイプ、馬場適性、ラップ適性を表記しています。)

ラップ解析解析表・ラップパターン評価一覧の意味や見方はコチラ

今回は、4パターン出てきました。

発現確率は、
Aパターンが 35%弱
Bパターンが 40%弱
Cパターンが 20%弱
Dパターンが 5%強

となっています。

この項目は本来、発現確率が高い順に並ぶモノなのですが、
今回はチョット違っています。
理由はとしては
「額面上の確率は数値通りだケドも、実際にはコッチの方が発現する確率が高いんじゃないの?」
と判断されたから
といった感じなんですが、チョット分かりにくいかも知れませんね。
確率が低いのに高いとはなんぞ?!
ってね;;
なのでまぁ、あんまり気にしなくて良いと思います。
テキトーな説明で恐縮ですが。
ココで細かい解説をすると数万字になる可能性もあるのでw

     


ラップバランスチャート

2021 プロキオンステークス ラップバランスチャート一覧
(出走各馬のラップバランスチャートとレースのラップバランスチャートを重ねて比較したものです。)

ラップバランスチャート一覧の意味や見方はコチラ

このレースに関しては、適合率の高さが好走率とある程度相関しますが、
適合率が高い馬は少なめですね。
まぁ、あまり厳密に見る必要はないので、イイんですが。

       


馬場適性一覧表

2021 プロキオンステークス 馬場適性一覧
(血統的な判断や実際の成績ではなく、あくまで数字上、計算上、『高速馬場』・『時計のかかる馬場』のいずれに向くかをソフトが示した一覧です。)

馬場適性一覧の意味や見方についてはコチラ

上位であればあるほど、高速馬場がプラスに働く可能性が高い
下位であればあるほど、馬場重化がプラスに働く可能性が高い
です。
(ダートの場合は、馬場重化 = 高速化 なので逆になりますが。)

       


プロキオンステークス(2021)総評

ラップ適性総合評価

ラップ適性総合評価の扱い方についてはコチラ

解析結果を総合すると
ソフトが最も適性を評価した馬は
メイショウワザシ
となりました。

次点の高評価馬は
タイサイ
ナムラカメタロー

以下

ダノンスプレンダー

メイショウカズサ
サンライズホープ

トップウイナー
ペプチドバンブー
マリオマッハー
メイショウウズマサ

ウェスタールンド
タイガーインディ

スマートダンディー
アヴァンテイスト
ワイドファラオ
ブラックムーン

といった順になります。

  


先週・前日回顧など

先週のCBC賞
Monarch の推奨上位であったアウィルアウェイが好走したモノの
特筆すべきポイントはそのぐらいで
馬券結果も含めて、今一歩でした。

ウチの放送では、ファストフォースの体重について言及していて
大幅の体重減をマイナスに見る声が挙がっていたので
私が「今回の大幅減は 連勝時の数値に戻っているワケで むしろプラス要因。」
というような話をしたら、
なんともその通りに好走…どころか勝利w
まぁもちろん、斤量の恩恵とか
色々と要因はあったと思いますが。
よく放送で、この馬怪しいよなぁ
とか話題に出てるのが走るんよな。。
まぁ、色んな馬の色んなポイントに言及しているので
その中のどれかが走るのは当たり前と言えば当たり前なんですがねww

       


解析雑感

さて、プロキオンステークス。
過去ラップの項でも書きましたが
条件が大幅変更されていて
コレはもはやプロキオンステークスではありませんw

だから、Monarch 的には信頼度もチョット…
とも思うんですが
割と特徴的な傾向が見られた部分もあるので
そういう意味ではソフトを参考にする手はあるだろう
と思ったりもしています。

今回 Monarch が適性の総合評価で最上位に据えたのが
メイショウワザシ
ラップ適性の一覧を見れば、この馬の評価の高さは一目瞭然ですね。
ラップバランスチャートの適合率はイマイチでしたが
まぁあまり気にしなくても良いでしょう。
敢えていうならば、高速馬場への適性の裏付けが希薄
という点が示唆されているコトになるんですが。

タイサイ
ナムラカメタロー
ダノンスプレンダー
辺りも、ラップ適性を見ると高評価の理由がよく分かります。
コレら上位の中で、ラップバランスチャートの適合率が高いのは
ナムラカメタローぐらいでしょうか。
他は微妙。

人気を見ると、今回の指名は概ね穴馬ばかりですが
唯一ダノンスプレンダーが上位人気である模様。
評価上位で次に人気ッポいトコは
サンライズホープ
というコトになるでしょうか。
(金曜日夜の予想オッズ段階)

今回、お手馬がいないワケでもないんですが、
特別、思い入れの強い馬はおらず
条件が大幅に変わっている点も含めて
なかなか狙いが絞りづらい気がしますねぇ。。
そうなると、どんどん穴志向に陥ってしまうんですがww

さて、どうなりますでしょうか。

          

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

七夕賞(2021)Monarch による解析結果はコチラ            

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。