第69回(2021)クイーンステークス 予想【AIラップ解析】

Pocket
LINEで送る

ラップ解析ソフト Monarch によるラップ分析の公開情報です。位置取り想定、ラップ適性、ラップバランスチャート、馬場適性の各種解析項目と Monarch が下した適性総合評価を公開しています。

今週のその他のレース情報

※今週はこのレースのみ解析予定です。

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。

      


クイーンS(2021)各種解析結果

位置取り指数ランク

2021 クイーンステークス 位置取り指数一覧
(出走各馬の位置取り指数です。文字通り当該レースにおけるそれぞれの馬の位置取り(脚質)順をソフトが想定したものです。『指数』という言葉に釣られて、一般によくあるスピード指数などのいわゆる『強さ』の指標と勘違いされる方が非常に多いですが、全く違いますので注意。)

位置取り指数・位置取りタイプの意味や一覧の見方はコチラ

ローザムールが位置取り指数トップで、数値も1頭抜けています。補助値も同じく1位で、この数値も抜けているので、この馬が Monarch の示唆する隊列想定のAタイプとなります

  

クイーンS(札幌芝1800m) 過去ラップ一覧

簡易版

2021 クイーンステークス 過去ラップ一覧 簡易版
簡易版 (過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 クイーンステークス(巴賞) 過去ラップ一覧 詳細版
詳細版 (過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

巴賞(函館芝1800m) 過去ラップ一覧

簡易版

2021 クイーンステークス(巴賞) 過去ラップ一覧 簡易版
簡易版 (過去10年の当該レースにおける ペース、レース全体ラップ、3分割ラップなど)

詳細版

2021 クイーンステークス 過去ラップ一覧 詳細版
詳細版 (過去10年の当該レースにおける 好走各馬のラップバランス、ラスト5ハロンラップの解析など)

例年のクイーンステークスは札幌開催ですが、今回は函館開催。
今年はオリンピックの影響で北海道開催が例年と異なる札幌スタートだったので、チョットずつズレ込んでいます。
堅実なデータを求める Monarch としては、嫌な感じですねw

函館と札幌なのでやや似た条件にはなるんですが、この2つのコースは同じ北海道でも細かく言えば結構違うポイントがあります。
なので一応、例年のクイーンステークスの過去ラップと、OPレースながら今回と同じ函館芝1800m開催の巴賞の過去ラップを掲載しておきます。

簡易版を見ると
いずれもペースは一定ではなく、かなりバラけていますが、札幌の方がややハイ寄り。函館の方がややスロー寄りになっているようです。

詳細版を見ると
いずれも好走位置取りタイプは後ろ寄りで、特に函館の方は明確に後ろ優勢。毎年必ずEタイプから1頭は突っ込んできていて、殆どの年でCタイプ以下から2頭差し込んでいるコトが分かります。
Aタイプはパッと見で札幌の方が残っているようですね。

     


ラップ適性解析表

2021 クイーンステークス ラップ適性解析表
(出走各馬の血統、配合評価、ラップ適性総合評価、位置取り指数/タイプ、馬場適性、ラップ適性を表記しています。)

ラップ解析解析表・ラップパターン評価一覧の意味や見方はコチラ

今回は、8パターンも出てきました。。

特殊条件での開催のため、普段より拡張されています。

発現確率は、
Aパターンが 25%強
Bパターンが 20%強
Cパターンが 15%強
Dパターンが 10%強
Eパターンが 10%程度
Fパターンが 10%弱
Gパターンが 5%程度
Hパターンが 5%弱

となっています。

ラップ適性の安定感は、誰の目にも分かるぐらいマジックキャッスルが抜けています。
ただし、高確率パターンをみれば断然良いのはシゲルピンクダイヤ
ラップ適性の観点からは特にこの2頭に注目です。いずれも人気のようですが。。

     


ラップバランスチャート

2021 クイーンステークス ラップバランスチャート一覧
(出走各馬のラップバランスチャートとレースのラップバランスチャートを重ねて比較したものです。)

ラップバランスチャート一覧の意味や見方はコチラ

いずれの馬も比較的適合率が高く、大きくズレた馬は少ないようです。
このレースは、適合率の高さと好走率がある程度連動はしますが、例年、適合している馬が多いので、そういう意味ではあまり凝視して見比べる必要のある項目とは言えません。
適合率が高くない場合は、上がり寄りの三角形の方が良い傾向があります。
まぁ、そもそも今年は条件が違うので、例年の傾向はあまり参考にすべきではない気もするんですが;

見て分かる通り、ココでもマジックキャッスルが、頭一つ抜けた適合率を示しています。
次点はテルツェット、シゲルピンクダイヤ
       


馬場適性一覧表

2021 クイーンステークス 馬場適性一覧
(血統的な判断や実際の成績ではなく、あくまで数字上、計算上、『高速馬場』・『時計のかかる馬場』のいずれに向くかをソフトが示した一覧です。)

馬場適性一覧の意味や見方についてはコチラ

上位であればあるほど、高速馬場がプラスに働く可能性が高い
下位であればあるほど、馬場重化がプラスに働く可能性が高い
です。
(ダートの場合は、馬場重化 = 高速化 なので逆になりますが。)

  


クイーンS(2021)総評

ラップ適性総合評価

ラップ適性総合評価の扱い方についてはコチラ

解析結果を総合すると
ソフトが最も適性を評価した馬は
シゲルピンクダイヤ
となりました。

次点の高評価馬は
マジックキャッスル

マイエンフェルト

以下

ドナアトラエンテ

フェアリーポルカ

クラヴァシュドール
ウインマイティー
サトノセシル
イカット

ローザノワール
テルツェット

シャムロックヒル

といった順になります。

  


先週・前日回顧など

先週の解析重賞は、ブログに書いた通り、Monarch が最も苦手とする条件と言っても良い
アイビスサマーダッシュでした。
Monarch の適性総合評価を見ると、上位2位のジュランビルがなんとか掲示板。
5番手のオールアットワンスが勝利。爆穴のバカラクイーンが8番手。
ライオンボスは、総合で下位に甘んじましたが、さすがのリピーターでチャートの適合率は抜けた1位でした。
しかし、先週の内容で注目すべきは公開情報ではありません。

LINEの配信情報です。
登録していただいている方はご覧になられたと思いますが
取り挙げた爆穴馬2頭、
バカラクイーンが14番人気3着。
トキメキが11番人気4着。

今回は簡単な血統データのみの掲載でしたが、コレが見事ドはまり。
アドマイヤムーンの完全掲示板内データは継続されるコトになりました。

私個人の馬券は、本線ではなかったものの
バカラクイーンがもたらした配当が想定外過ぎて
返ってきた金額を見て震える程の当たりが手にできました。

しかしホントに…
Monarch の公開情報と LINE配信情報は表裏一体で
どっちかがダメな時にもう一方で指名された馬が走る流れ来てますね…
なんやろかコレは。。w

LINEの配信は週末に1回で、穴馬データや人気馬データ等を流すようにしています。
ブログで公開している Monarch の解析情報は膨大な総量の一部なので
ココには書いていないデータなどを小出しにしています。
(ブログで全てを公開しないのは、秘匿しているのではなく情報量が膨大過ぎて紹介しきれないだけですw)

ただ情報が週末に送られてくるだけですし、必要ならそこで質問や意見を投げてもらっても大丈夫なので
気が向いたら登録してみておくんなせい。

  友だち追加
2021.07.25 LINE配信 アイビスサマーダッシュ
LINE配信例 7/25 アイビスSD
七夕賞・プロキオンS LINE配信
LINE配信例 7/11 プロキオンS

       


解析雑感

さて、先週に引き続き、今週も重賞1つなので楽で良いですね。
競馬好きとは思えない発言ですがww
まぁ、他にやるコトが多すぎるので。。;;
アイビスサマーダッシュは苦手条件だったのでその点がやや億劫でしたが、
今回は変則条件というのが何とも。。
今週は、公開情報がハマるのか、LINE配信がハマるのか、その両方か、あるいはどっちもダメか…
どやろかな。。

解析結果に関してですが
かなり分かりやすくなりましたね。
特に上位2頭が抜けています。
しかし、下位は下位であまり差がないので、その点チョット難しいんですよねぇ。。

ラップ適性の安定感では
マジックキャッスルでしたが
最終的な総合評価で頭に来たのは
シゲルピンクダイヤ
この2頭は素人目に見ても良いのが分かりますね。
ただまぁ、さすがに人気。。
人気が1枚落ちるシゲピンの方は、そろそろ馬券になっても良さそうな気がするんですが…
どうでしょうかw

一方、マイエンフェルトは、人気が無さそうです。
まぁ格が1枚落ちるので、当然と言えば当然でしょうか。

問題は次のドナアトラエンテ以下の馬達で、
ココが結構競ってるんですよねぇ。。

クラヴァシュドール
ウインマイティー
サトノセシル
イカット辺りは、評価に差が無いので評価順はあまり気にしない方が良いかも知れません。

テルツェットなんかは、総合で下位に甘んじていますが、
ラップ適性を見てもそう悪くはなく、ラップバランスチャートの適合率でみればむしろ上位なんですよねぇ~。
人気の一角でもありますし、総合評価の順位だけ見てしまうとイメージがチョット違う気もします。

ってな具合で、上位は良いケドも、
全体で見れば適性総合評価には差が無くて難しいし、
頭数少ない分、配当妙味は期待しづらいし
どうしたもんかねぇ と。

他のレースも久々にやろうかな と
そんな考えもふと浮かんだりするんですが
結局面倒くさがってやらないのがいつものパターンww

100万馬券とかにはなり得んだろうケド
多少荒れてくれんかなぁ。。

さて、どうなりますでしょうか。

          

当サイトは最強ブログランキングに登録しています。
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。